NEW
増田美加「医療と賢くつき合うための患者力」

小林麻央さんの若年性乳がん、こんな人がかかりやすい?こんな症状は危険サイン?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 小林麻央さんの訃報に触れ、周りの乳がん経験者からもその死を悼む声がたくさん寄せられています。私も乳がんを経験したひとりとして、麻央さんのブログを拝読していました。麻央さんは乳がんを公表し、メッセージを発信し続け、自分らしく最期まで生きました。乳がん経験者であるかないかにかかわらず、多くの女性が勇気づけられたと思います。

 一方で、若い麻央さんが亡くなったことで、不安になる女性が多くいます。今、乳がんに関しては、さまざまな情報があふれています。正しい知識を得て、冷静に行動してほしいと思います。

 麻央さんのような若い年代の乳がんは、どんな人がかかりやすく、何に注意すべきなのでしょうか?

麻央さん世代の「若年性乳がん」とは?


 20代、30代の若い世代の乳がんで、34歳以下の乳がんのことを「若年性乳がん」といいます。若年性乳がんはよく知られておらず、不安に思う人が多いのも事実。けれども、若年性乳がんは、40代、50代の乳がんと比べれば決して多くはないのです。

 今、日本における乳がんの罹患率(りかんりつ)は30代から増加しはじめ、40代後半から50代前半にピークを迎え、その後は次第に減少します。日本では圧倒的に40~50代の女性がかかるリスクが高いのが乳がんです。

 日本女性では、乳がんにかかる数は、乳がんで死亡する人の数の3倍以上です。これは、女性の乳がんの生存率が比較的高いことを意味しています。5年生存率は約90%と高く、治療で救える人が多いがんなのです。

 男性にも乳がんはあって、男性乳がんは、年間死亡数で女性の乳がんの100分の1以下のまれながんです。しかし、女性の乳がんに比べて悪性度が高く、生存率が低いことが知られています。

 日本の乳がんの現状は、罹患率、死亡率ともに年々増加。日本女性がかかるがんのなかで最も多いがんです。最新のデータで罹患率は、11人に1人といわれています(国立がん研究センターがん対策情報センター 2012年)。これはどんどん欧米の数字に近づいています。出生年代別では、最近生まれた人ほど罹患率、死亡率が高い傾向にあります。

 しかし、麻央さん世代の34歳以下の若年性乳がんは、乳がん全体の3%にも満たない数で、全体から考えると非常に少ないのです(国立がん研究センターがん対策情報センター 「年齢別乳がん罹患率の推移」より)。

 ですから、20代、30代で若年性乳がんにかかるリスクは、決して高くありません。必要以上に心配する必要はないのです。

小林麻央さんの若年性乳がん、こんな人がかかりやすい?こんな症状は危険サイン?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アンジェリーナ・ジョリー小林麻央遺伝性乳がん卵巣がん症候群の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!