NEW

2年で億万長者になった私の投資術…1日たった20分の労働でセレブ生活

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講義を行う米田氏

 近年、知名度を上げているFXは、会社員や主婦層にも広がりを見せている一方で、危険なものというイメージもある。そもそもFXの歴史はまだ短く、1998年にひまわり証券が初めてFXを個人投資家に提供を開始してから19年である。

 わずか19年という短い歴史の中でFXによって億万長者が生まれているもの事実である。数いるFX長者のなかでも異才を放つ人物がいる。若干23歳の米田誠氏である。慶應義塾大学在学中の19歳の時、起業しその後、FXでの投資を始めた彼は、わずか2年でFX長者となったという。現在、FXトレーダーとして投資を行いながら2210人が在籍するFXコミュティの運営も行う。なんとも興味深い人物である米田誠氏に話を聞いた。

起業からFXトレーダーへ

 FX長者と聞き、筆者が米田氏に描いていたイメージは正直良いものではなかった。ドライ、高飛車、または多くのお金を手にしてパーティー三昧の日々を過ごす“チャラ男”などと想像していた。しかし、実際の米田氏は、勝手に描いていたイメージものとは大きく違い、柔らく礼儀正しい好青年だった。米田氏はFXトレーダーを職業としてから4年目に入るそうだ。

「当初は、慶應義塾大学の学生でした。大学1年生の時に起業をしました。家庭教師の派遣などを行っていましたが、良い結果が得られずFXを始め、その後、大学に行く意味がないと判断し中退しました」

 いくつもの投資があるなかでFXを選んだ理由をこう話す。

「自分が目標とする将来のビジネス展開や社会貢献の実現には、個人レベルで数百億円、数千億円の資産を目指す必要があります。私は、5年で数百億円の個人資産をつくることが目標でした。しかし、実際に起業して学んだのは、そういった資産をつくることはビジネスでは難しいという現実です。ビジネスで数百億円、数千億円の資産を実現するには、ビジネスを大きくし上場したうえでバイアウトする方法がありますが、時間的効率は良くありません。それに、私にはそこまでのビジネスセンスがないと気づき、投資しかないと判断しました。投資のなかでもFXが合理的であると考えました。たとえば、株には大きな資金が必要なうえ、取引できる時間は9時から15時までと短く、利率は出しにくいです。また、株はさまざまな要素が影響して変動するため、個人では予想できない場合もあります。これに対しFXは小さな資金で開始でき、取引も24時間行えるため利率が出しやすいのです。株に比べるとFXは大きな要素で動くため、個人でも予想しやすいのです」

2年で億万長者になった私の投資術…1日たった20分の労働でセレブ生活のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、FXFXトレーダー投資起業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!