NEW

【神戸山口組分裂・最新動向】強大な資金力を持つ池田組長が最高顧問に…さらに超武闘派の移籍が判明!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緊急執行部会が開かれた神戸山口組事務所。

 7月に入り、静寂に包まれてきたように見えていた3つの山口組。その中で8月を目前にまず動きを見せたのは、井上邦雄組長を頭首とする神戸山口組であった。26日、神戸市二宮にある神戸山口組事務所に同組織の最高幹部が続々と集まり、緊急執行部会が開催されたのだ。ヤクザ事情に精通しているジャーナリストはこう話す。

「19日に開かれた執行部会同様、今回も執行部の一員である池田組の池田孝志組長の姿が確認されなかったが、その池田組長が舎弟頭から最高顧問に就任することが緊急執行部会で決定したようだ」

 池田組長とは五代目山口組時代から、その資金力には定評があり、神戸山口組誕生の立役者の一人とわれているほどの人物。その池田組長は、緊急執行部会の翌日に神戸山口組事務所に姿を見せたことが捜査関係者にも確認されている。内情を知る関係者らの話によれば、池田組長が執行部を離れ、最高顧問に就任したことで、今後はさらに高所から、神戸山口組の最高顧問として、その重責を果たしていくこととなるようだ。

 この緊急執行部会の前日の25日。神戸山口組関係団体に、三代目古川組から、一枚の挨拶状が配られている。そこに記されたトップの名前は、大阪では誰もが知っているほどの武闘派だった。

 その名は、権太会という組織を率いる平野権太会長。「“平野のゴンタさん”を知らなければ、大阪の裏社会ではもぐり」(神戸山口組関係者)といわれるほどの人物だ。

「ゴンタ会長のゴンタは、ごんたくれ(乱暴者)からつけられた通称。少年時代から、さまざまな武勇伝を持ち、地元・生野(大阪市生野区)では誰しもがその名を耳にしていたほどだ」

 権太会は、任俠団体山口組発足当初、同団体に参加した山崎博司組長が率いる古川組に所属していたといわれているが、今回流布した挨拶状によると、この古川組と袂を分かち、三代目体制が発足したばかりの仲村石松組長率いる、神戸山口組傘下の三代目古川組に移籍を果たしというのだ。超がつくほどの武闘派組織の加入に、船出したばかりの三代目古川組の士気がますます高まったのは間違いないだろう。

 一方で、任俠団体山口組の古川組にも、組織のためにジギリ(身体)を賭け、長期服役を務め終えたある大物幹部が一線へと復帰を果たしている。

「現在は、古川組で組長代行という要職を務めているが、ゆくゆくはプラチナ(直参)へと昇格を果たすのは間違いないだろう。それほどの人物であり、功績を残している」

 関係者はこのように口にしており、任俠団体山口組傘下の古川組の士気も決して衰えを見せていないといえそうだ。神戸山口組の分裂に伴い、2つに割れた名門・古川組も、水面下で激しい攻防戦が繰り広げているのだ。

六代目山口組も総本部に集結


 そうした中で、7月も28日を迎えた。28日といえば、毎月、任俠団体山口組が定例会を開催してきた日だが、今回開催場所となったのは前回同様、兵庫県尼崎市に本拠を置く四代目真鍋組本部だった。

 今回の定例会には、組織名称を新たにした傘下の有力組織から、複数の幹部らが訪れるのではないかと見られていたが、捜査関係者らによれば、実際にその幹部らの姿が確認されたといわれている。それ以外には、新たな大きな動きといえるものはなかったようだ。

 そして同日には、六代目山口組も長期休みに入るために、神戸市篠原にある総本部に直参組長が集結し、六代目山口組・司忍組長に大して、休み前の挨拶が行われたようだ。

 さらに遡ること数時間前。28日に日付が変わる27日深夜には、福岡県博多市で撃鉄が落とされている。事件の詳しい情報は次回に譲るとするが、昔からヤクザの抗争は8月に起こりやすいと言われている。これがその前触れになるのだろうか。
(文=沖田臥竜/作家・元山口組二次団体幹部)

●沖田臥竜(おきた・がりょう)
元山口組二次団体最高幹部。所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。去年10月、初単行本『生野が生んだスーパースター 文政』(サイゾー)を刊行。最新刊は『2年目の再分裂 「任俠団体山口組」の野望』(同)。

【神戸山口組分裂・最新動向】強大な資金力を持つ池田組長が最高顧問に…さらに超武闘派の移籍が判明!のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、任俠団体山口組六代目山口組神戸山口組の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!