NEW

すぐ隣にあるエイズ、国内で年間437人発症…正しいセックスの重要性

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 12月1日は「世界エイズデー」である。芸能人や文化人なども多く参加し、ライブやイベントが各地で行われる。エイズデーの目的は、エイズに関する啓発活動である。

 国立感染症研究所の報告によれば、2016年の日本における新規HIV感染者数は1011人、新規エイズ患者数は437人だった。新規HIV 感染者1011人の推定感染地域は、全体の 83%が日本国内だという。そのうちの50%以上が関東・甲信越からの報告で、東京、大阪、愛知といった大都市圏に集中している。HIV感染は他人事だと思う人もいるかもしれないが、国内での感染がある以上、HIVについての正しい理解が必要である。

感染確率は低いが油断は禁物

 HIVの感染経路としては、「性感染」がもっとも多い。しかしながら、1回の性交渉における感染確率は0.1~1%程度とされている。単純に、HIV感染者と100~1000回性交渉をして感染する確率だ。ただし、粘膜に傷などがあれば、この確率は何倍にも高まる。

 HIVウイルスは、空気中や水中では感染力を失う。しかし、体液の中では高濃度に存在し、性交渉の際に皮膚や粘膜の傷などから体内に入り込み増殖していく。この場合の体液とは、血液、精液、膣分泌液を意味する。汗、涙、唾液からの感染はないと考えられるが、オーラルセックス(口淫)は危険だ。それは口の中に傷、さらに出血などがあれば、血液中にHIVウイルスが含まれるので感染する可能性があるためだ。

 性感染のほかの感染経路には、血液感染、母子感染がある。血液感染は、輸血や薬物使用の際に針を使い回すことで起きる可能性がある。輸血における感染確率は90%で、国は1980年代に起きた「薬害エイズ事件」を教訓として輸血用血液に対する安全対策に努めているが、2013年にも輸血によるHIV感染が報告され、さらに対策が強化されている。母子感染については、妊婦検診の際のHIV検査が充実しており、母親がHIVウイルス保持者であることがわかれば適切な医療処置により母子感染予防を施す。

すぐ隣にあるエイズ、国内で年間437人発症…正しいセックスの重要性のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、HIVエイズ世界エイズデー性感染の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!