NEW

いきなり!ステーキは、ペッパーランチの「二の舞」にならないか?急膨張に潜む不安要因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり!ステーキの店舗(「wikipedia」より)

いきなり!ステーキ」は2017年2月に米国に進出。急ピッチで店舗数を拡大中で、年内にニューヨーク中心部マンハッタンで計11店舗を開店させる予定だ。

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスの業績は絶好調だ。17年12月期の連結売上高は前期比62.2%増の362億円、本業の儲けを示す営業利益は同2.4倍の22.9億円、純利益は同2.3倍の13.3億円と大幅な増収増益だった。17年5月に東証マザーズから東証2部に市場を変更し、同年8月には東証1部にスピード昇格を果たした。

 18年12月期の売上高は前期比73.7%増の629億円、営業利益は同75.5%増の40.3億円、純利益は同88.5%増の25.1億円を見込んでいる。

「いきなり!ステーキ」は13年12月、銀座に1号店を出店した。立ち食い形式のステーキを量り売りで提供することをコンセプトにした業態だ。立ち食いステーキとして評判になり、17年12月期の既存店売上高は前期比23.1%増、客数も23.9%増の高い伸びを記録した。

「いきなり!ステーキ」事業の17年12月期の売り上げは前期比1.9倍の270億円、営業利益は同3倍増の25.1億円。売り上げは全社の74.5%を占め、営業利益は全社のそれを上回るドル箱に育った。「いきなり!ステーキ」の利益でペッパーフードサービスは回っているということだ。

 出店のアクセルを踏み込んでいる。17年12月末の「いきなり!ステーキ」の国内店舗数は186店。18年同期には前期比2.8倍となる200店の出店を計画している。内訳は、直営店が80店、FC(フランチャイズチェーン)120店だ。

 18年12月期の同事業の売上高は前期比1.9倍の536億円、営業利益は同1.8倍の46.2億円を見込む。売上高は全社の85.2%、営業利益は全社の営業利益を上回るパターンが続く。

 ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングスは、一部のラーメン店を「いきなり!ステーキ」のFC店に転換する。17年12月、福島市で開いた転換1号店を手始めに、18年3月期は6店、19年3月期は10店をラーメン店からステーキ店に転換する。

 また、北関東が地盤の居酒屋・レストランチェーン、ホリイフードサービスは、不採算店を「いきなり!ステーキ」にシフトしている。17年10月に1号店をオープンした。

 外食大手がFC店形式で参入を希望していることが、「いきなり!ステーキ」FC店急増の裏付けとなっている。

 好業績を背景に、ペッパーフードサービスは従業員に対して手厚い報酬で報いる。18年12月期には正社員430人を対象に基本給のベースアップ(ベア)と定期昇給を含め、平均で6.4%の賃上げを実施する。ベア相当分は2万2000円で、上げ幅は過去最高となる。人手不足が深刻化するなか、優秀な人材を確保する狙いがある。

 立ち食いステーキという新業態に転換して大成功を収めたかたちだが、急成長に人材教育は追いついていけるのか。

いきなり!ステーキは、ペッパーランチの「二の舞」にならないか?急膨張に潜む不安要因のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、いきなり!ステーキペッパーフードサービスペッパーランチ幸楽苑の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!