NEW
山田修「間違いだらけのビジネス戦略」

カルビー、8年連続大増収を遂げた松本会長が、退任しなければならない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カルビー ポテトチップス うすしお味(「Amazon HP」より)

 カルビーは3月27日、松本晃会長兼最高経営責任者(CEO)が6月下旬の株主総会後に退任する人事を発表した。松本会長は2009年にジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人のトップからカルビーの代表取締役に就任してから9年、大幅に業績を伸ばしてきて、同社のカリスマ経営者といわれてきた。

 突然の辞任発表を訝る声も多いのだが、私は2月の本連載記事で松本会長の離任を促していた。カリスマ経営者とされる松本会長にそのような提言をしたのは、私が見た限り、その時点ではほかに見当たらなかった。

 松本会長はなぜ突然辞任したのか。プロ経営者がぶつかる壁について解説したい。

歯切れの悪い退任会見


 今回の退任発表は突然のことで、大きな驚きをもって迎えられた。というのは、松本会長があえて退任しなければならないような事案・案件、業績の絶対的な不調などがカルビーには見当たらないと理解されているからだ。

「どこか不可解な感覚も漂う退任会見だった。27日、帝国ホテルに姿を見せた松本氏は『前職のジョンソン・エンド・ジョンソン(の日本法人)でも社長を9年務めた。カルビーでも一区切りと判断した』。辞める理由らしい理由はこれだけだ。相談役や顧問にもならず、次の体制も『決まっていない』という」(3月28日付日本経済新聞Web版より)

 後任会長は伊藤秀二社長兼COOと見られている。社内的にはそれが順当なところだろうし、松本会長の退任が緊急だったので外部から新たに別のプロ経営者を招請してくるような時間的余裕もないだろう。

 しかし、伊藤氏を抜擢するために松本会長が勇退する、ということでもないようだ。松本会長が伊藤社長に退任の意思を告げたのは3月中旬のことだとされる。

「3月中旬の週末、栃木県内で開かれた、カルビーの社内イベント終了後のこと。松本晃・会長兼CEOは一緒に食事をしていた伊藤秀二社長に、唐突に切り出した。『僕はもう今期で降りるわ、いい潮時だよ。僕が辞めた後も伊藤さん、カルビーをよろしくお願いします』」(3月29日付東洋経済オンライン記事『カルビー、「カリスマ経営者」突如退任の理由』より)

 この日を境にカルビー社内は大騒動となったと見られるし、3月27日に発表記者会見が行われるや、今度はカルビー外部のメディアも一斉にその理由などを憶測する状況が出現した。

カルビー、8年連続大増収を遂げた松本会長が、退任しなければならない理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、カルビーポテトチップス松本晃会長兼最高経営責任者の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!