NEW

そのクールビズ、実はNG?半袖+ジャケットが「あり得ない」理由、夏でもムレない靴の秘密

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より
 夏――ビジネスファッションにとって最大の試練ともいえる季節がやってきました。6月23日には沖縄地方で梅雨明けが発表され、これから各地で夏本番を迎えることになります。この時期は、スーツで働くことにしんどさを感じるビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。


 そもそも、日本はスーツ発祥の地であるヨーロッパに比べて高温多湿であり、梅雨から夏にかけてはスーツ着用に不快感が高まる季節です。そのため、近年はクールビズが推奨されているわけですが、実は気づかないうちに「NGファッション」をしている可能性もあります。

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。』(CCCメディアハウス)の著者でイメージコンサルタントという立場から、夏も快適に仕事をこなすためのクールビズについて考えていきたいと思います。

クールビズの「5段階」とNG行為


 首都圏の多くの企業は、ゴールデンウィークを過ぎると、入口に「クールビズ対応中。軽装でご容赦ください」といった但し書きを掲示するようになりました。クールビズの基準は各企業によって違いますが、夏の服装については厳しい順に以下のようになっています。

(1)真夏でもスーツ着用
(2)ジャケット+パンツでOK
(3)ノータイ、ノージャケットでOK(シャツとスラックスでいい)
(4)ポロシャツOK
(5)なんでもあり(Tシャツでもハーフパンツでもいい)

 まずは自社がどのレベルに該当するかを知り、社内ルールを守ることが大切です。そして、次に、ビジネスウェアは仕事の服装である以上、「パジャマのように楽さや快適さだけを追求するわけにはいかない」ということも意識しましょう。

 たとえば、社内のルールが(3)(4)(5)で普段はラフな格好がOKでも、客先、特に初対面の客先に行く日は(2)まで上げるのが無難です。そもそも、下が「ハーフパンツOK」という職場は日本ではまだ少なく、多くのビジネスパーソンはフルレングスのスラックスで勤務していると思います。そのため、夏用のジャケットを1着買っておいて、何かあるときはそれを羽織ればいいのです。

半袖シャツ+ジャケットは絶対NG?


 ここで気をつけたいのが、「半袖のワイシャツやポロシャツの上に長袖のジャケットを着るのは絶対NG」ということです。本来、腕をだらんと脱力させた状態で「ジャケットの袖の先からシャツの袖が1cmほど見えている」というのが、ワイシャツとジャケットの長さの正しい関係です。したがって、長袖ジャケットに半袖シャツやポロシャツを合わせるのは、そもそも「あり得ない」のです。

 まず、ジャケットの袖の先からシャツの袖が見えていないと、見ためで不潔な印象を与えてしまいます。また、半袖のワイシャツでは皮膚の汚れがジャケットに直接ついてしまうため、実際に不潔です。

 最近では、若手を中心に「俺はネクタイなんかに縛られない、自由なノマドワーカー。スタバにマックを持ちこんでラテ1杯で4時間は居座るぜ」的な、ジャケットの下にワイシャツではなくTシャツを着用するビジネスパーソン(経営者も含めて)を見かけるようになりました。しかし、こういった人のジャケットは、前述の理由から袖がかなり汚れているはずです。

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』

「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!

amazon_associate_logo.jpg

そのクールビズ、実はNG?半袖+ジャケットが「あり得ない」理由、夏でもムレない靴の秘密のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、クールビズスーツビジネスファッション梅雨の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事