NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

日本人だからこそロシアと因縁の国・フィンランドの合同コンサートで奇跡の光景を起こせた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 FIFAワールドカップが開催されていることで注目を浴びているロシア。日本代表チームのゲームを、遅くまでテレビで見ていたせいで生活リズムがおかしくなっていますが、「ドーハの悲劇」を知っている世代としては、日本の大活躍が素直に嬉しいです。日本対ベルギー戦も早起きして見ていました。初のベスト8入りは叶いませんでしたが、夢を見せてくれた素晴らしいチームでした。

 4年前の冬季オリンピックがロシアのソチで行われたことも記憶に新しく、ロシアはスポーツに対して国を挙げて振興しています。集団スポーツの分野では、アイスホッケーを除いては、それほど目覚ましい成績ではないのですが、今回のワールドカップでは、大方の予想に反してロシアが活躍を続けており、今後もロシアでサッカー熱は高まっていくのではないかと思います。

 とはいえ、やはりロシアといえば、フィギュアスケートと体操、シンクロナイズドスイミングでしょう。これらは、ソビエト連邦時代から世界をリードする強豪国であることは確かです。今でこそ、日本のフィギュア選手は、技術の高さだけでなく、芸術的な美しさも表現できるようになりましたが、以前はロシアの選手が出てくると、スポーツ競技ということを忘れて、うっとりと眺めたものでした。

 皆さんは、ロシアにはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「巨大な国」「大統領が絶対的な力を持っている」「歴史的に見ても、領土を広げる野心が強い」――といった印象でしょうか。確かにそのような面はありますが、一方でロシア人の精神生活面にはあまりイメージが湧かないのではないでしょうか。

 実は、彼らは芸術の世界でも世界をリードし続けている国のひとつです。クラシック・バレエも盛んで、レベルも高いです。そのため、フィギュアスケート選手は、トレーニングの一環として最高のバレエ教育を受け、高い芸術性も身につけるのです。

ロシアとフィンランドの“因縁の歴史”

 そんなロシアは、オーケストラもまた世界のトップレベルです。1923年創刊の英国の老舗音楽雑誌「グラモフォン」は、世界のオーケストラのランキングを発表していますが、ベスト20にロシアのオーケストラが3つも入っています。もちろん、このベスト20に入らなかったとしても、人々の心を揺さぶる個性豊かなオーケストラはたくさんあります。

日本人だからこそロシアと因縁の国・フィンランドの合同コンサートで奇跡の光景を起こせたのページです。ビジネスジャーナルは、連載、オーケストラフィンランディアフィンランドロシアの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事