NEW

有馬記念は「馬単1点」でOK!? 絶好調サウンズオブアースに漂う強烈な「2着臭」......勝つのは、やはり競馬界の「白い巨人」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kamisama.jpg

 25日の有馬記念(G1)に出走するサウンズオブアース(牡5歳・栗東・藤岡健一厩舎)は競馬ファンなら誰もが知っている現役屈指の「シルバーコレクター」である。

 通算成績[2-8-1-8]。恐ろしいまでに勝ち切れず、G1レースでの2着は前走のジャパンCを含めて、これまで3度。他にも神戸新聞杯や日経賞、京都大賞典といった王道路線のG2でも2着を記録しており、もしもこれらすべてを勝利していれば、間違いなく現役最強馬の1頭に数えられていたことだろう。

 だが、サウンズオブアースの評価は現役最強馬ではなく「現役最強の2勝馬」。名誉か、不名誉なのかよくわからない異名を持っている。今回の有馬記念でも、本馬の馬券はおそらく「2着付け」が最も売れることだろう。

 ただ、少なくとも陣営にとっては「今度こそ」という強い思いは感じられる。21日に行なわれた最終追い切りでは、栗東のCウッドでラスト1ハロン11.9秒の抜群のキレを披露したサウンズオブアース。管理する藤岡調教師も「過去最高のデキ」と胸を張っていたらしい。

 だが、この競馬史の中でも屈指のシルバーコレクターは、今回の有馬記念でまたも"銀色の勲章"を増やしてしまうことが濃厚なようだ。

 21日に東京・品川プリンスホテルで行なわれた有馬記念の公開枠順抽選会で、サウンズオブアースは「3枠6番」。ここ10年で1勝2着2回3着2回と、全枠番の中で最も結果を残している最高の枠番に入った。

 そして、何よりも「赤枠」に入ったことが大きい。今年のスポーツ界は「赤色」が大活躍した一年だったからだ。

 プロ野球では「赤ヘル軍団」こと広島カープが25年ぶりにセ・リーグを制覇。さらにJリーグでも浦和レッドダイヤモンズがルヴァンカップで優勝、チャンピオンシップ決勝戦では鹿島アントラーズに敗れたが、その鹿島も赤いユニフォームのチームだった。

 これだけを見ても今年の有馬記念で赤帽の3枠は、まさしく絶好枠。

有馬記念は「馬単1点」でOK!? 絶好調サウンズオブアースに漂う強烈な「2着臭」......勝つのは、やはり競馬界の「白い巨人」!?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、キタサンブラックサウンズオブアース有馬記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!