NEW

【クイーンエリザベス2世C(香G1)展望】 ネオリアリズムが「雷神」モレイラとのコンビで参戦! 世界の強豪との力関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0424neoria_01.jpg
※画像:ネオリアリズム 『競馬つらつら』

 今週末、香港のシャティン競馬場でクイーンエリザベス2世C(G1)が開催される。

 今年は中山記念で重賞2勝目を挙げたネオリアリズム(牡6、美浦/堀宣行厩舎)が、挑戦するとあって日本勢制覇の期待が高まっている。

 昨年は、ラブリーデイが4着、ヌーヴォレコルトが6着、サトノクラウンは12着に終わった。だが、かつてはエイシンプレストンやルーラーシップがこのレースを制覇しているように、日本のトップクラスの実力馬であれば十分に通用する舞台であることは確かだ。

 同馬は23日に香港国際空港に到着、シャティン競馬場へと移動した。金子晋二郎調教助手は「スポニチ」の取材時に対し、「2回目の香港なので、前回よりも落ち着いてここまで来られました。順調です」と好調をアピール。昨年末に9着に沈んだ香港マイル(G1)の雪辱を晴らす準備は万全のようだ。

 今回、ネオリアリズムは相棒に雷神との異名を持つJ・モレイラ騎手を迎える。世界でも極めて評価が高く、あのO.ペリエが「世界最高の騎手の一人」としてあげるほどの実力者。昨年はラブリーデイで同レースに挑み涙を飲んだが、今年はドバイターフ(G1)でヴィブロスを初の海外遠征で大金星に導くなど好調の様子。ドバイを彷彿とさせる"神騎乗"に期待したい。

 実力派騎手とのコンビも注目されているためか、現在の予想オッズではネオリアリズムが1番人気に押される。前評判は高いが、乗り越えなければならない「世界の壁」として、パキスタンスター、ワーザー、シークレットウェポンなどが同馬の前に立ちはだかる。

【クイーンエリザベス2世C(香G1)展望】 ネオリアリズムが「雷神」モレイラとのコンビで参戦! 世界の強豪との力関係は?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、クイーンエリザベス2世Cネオリアリズム海外競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!