NEW

武豊騎手が和田竜二騎手に激怒!? トークショー登壇で思い起こされる数年前の悲劇とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wadaruyuuji.jpg
チームグリップ公式サイト」より

 26日(水)に大井競馬場で開催されるサンタアニタトロフィー(S3)は、アメリカのサンタアニタ競馬場との友好提携でも知られる真夏のマイル重賞だ。当日には抽選会やトークショーなど様々なイベントが開催される予定だという。

 その中に、競馬ファンなら見逃せないイベントがある。日本競馬界の生ける伝説・武豊騎手とC.ルメール騎手、さらに和田竜二騎手を加えたトークショーが開かれるのだ。武豊騎手と和田騎手の組み合わせといえば、競馬ファンに思い起こされるのは、数年前の『ファンと騎手との集い』で披露されたドッキリだろう。

 毎年イベントの目玉として定番化しているドッキリ企画。その年は、頭に色違いのヘルメットをかぶり、黒の全身タイツを着用し和田騎手と池添謙一騎手、藤岡佑介騎手が仕掛け人として登場。武豊騎手が寝ているベッドルームに侵入して、バズーカ型クラッカーを鳴らす"寝起きドッキリ"を敢行した。

 3人は部屋の鍵を開け、ベッドで寝ている武豊騎手を起こすべく、バズーカを発射! けたたましい音が鳴り響き、起きた武豊騎手に「おはよーございまーす」「どっきりでーす」と声を掛けたまでは良かったのだが......。

 武豊騎手は「え...?なに...?」「まじめ? これ」と不機嫌な声をあげる。さらに顔に手をやり、「待って......撮ってるやろ......」と不快さを露わにして、スタッフに対しても「早く出てってよ」と声を荒げる。怒らせてしまったのかと思わず固まってしまった和田騎手はヘルメットを脱ぎ、かしこまってしまった。このあと、レジェンドの怒りが爆発!?

 だが、実はこれは和田騎手に仕掛けた逆ドッキリ。福永祐一騎手、柴原央明騎手が黒幕でふたりは別部屋にその模様をリアルタイムで見ていたのだ。もちろん、武豊騎手はすべてを知っており、池添騎手も藤岡騎手も仕掛け人側だった。

 場面が寝室から別室へ移動するも武豊騎手は「なんでオレなん?」「休みやろ、今日」と怒りの演技を続ける。和田騎手はごまかそうとしているのか笑顔を浮かべているものの、どこか引きつっている。

武豊騎手が和田竜二騎手に激怒!? トークショー登壇で思い起こされる数年前の悲劇とは?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、トークショー和田竜二武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!