NEW

WASJの地方代表はモレイラ級!? 南関の「天才」中野省吾騎手と、かつて「天才」と呼ばれた戸崎圭太騎手との新旧対決に胸熱!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WASJの地方代表はタダ者ではない!? 南関の「天才」中野省吾騎手と、かつて「天才」と呼ばれた戸崎圭太騎手との新旧対決に胸熱!の画像1

「もう『これ以上があるのか!?』と感じる。(中略)今は完璧に掴んだと思っていますね」

 今、名手が揃う南関で......いや、もしかしたらJRAも含めた日本全国で最も「乗れている」かもしれない中野省吾騎手が、『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)の取材に、そう豪語している。

 そのあまりにはっきりとした力強い言葉は、まるで"競馬の神"の領域にでも到達したような自信がひしひしと感じられるものだった。

 元々、自身のTwitterで『女がいたらとりあえず口説け。それがマナーだし勉強になる』を「名言・格言」としてトップに固定しているほど、歯に衣着せぬ物言いで有名な中野騎手。それでも若干25歳にして、ここまで言い切るのはそう簡単にできることではない。

 しかし、その物言いが単なる"ビッグマウス"でないことは、JRAや世界の名手と競うワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)への出場が懸かったスーパージョッキーズトライアル(SJT)の結果が証明している。

 中野騎手は4戦で「1着、2着、1着、1着」という、SJT史上歴代最高の結果を残して優勝。全国の地方競馬の名手を相手に"神騎乗"を連発し、3戦目で早々に地方代表の切符を掴み獲った圧勝劇だった。

 それも、それぞれのレースにおける騎乗馬は5→7→5→4人気。まさしく「騎手の腕」でもぎ取った地方代表の座。表彰式で「世界の騎手がどんな騎乗をするかわからないけど、まったく負ける気はしません」と言い放ったのも頷けるというわけだ。

 そんな南関の「天才騎手」にいち早く目を付けたのが、JRAの栗東に所属する森秀行調教師だ。

WASJの地方代表はモレイラ級!? 南関の「天才」中野省吾騎手と、かつて「天才」と呼ばれた戸崎圭太騎手との新旧対決に胸熱!のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、WASJ中野省吾戸崎圭太の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!