NEW

「介護☓カジノ」異色コラボに驚愕! お年寄りのラスベガス「カジノ型デイサービス」が話題沸騰!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「介護☓カジノ」異色コラボに驚愕! お年寄りのラスベガス「カジノ型デイサービス」が話題沸騰!!の画像1
デイサービス ラスベガスHP」より

「介護」と「カジノ」という異色コラボが話題だ。

 11日(日)に人気情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が紹介した、「カジノ型」介護施設「デイサービス ラスベガス」が注目を集めている。

 最大の特徴はバカラ・ブラックジャック・麻雀・スロット・パチンコなど、幅広いジャンルの"遊び"を用意している点だ。「遊びを通じた機能訓練」として、介護に役立てることを目的にしているという。

 気になるのは「金銭のやりとりはあるのか?」という点だが......。カジノを意識しているということで、やはり「賭けて遊ぶ」というシステムは採用されている。

 ただ、使用できるのは現金ではなく架空通貨「ベガス」のみ。負けても実際には金銭が減るということはないため、誰もが気軽に遊ぶことが可能だ。この「ベガス」は、オリジナルのストレッチ体操を行うことでもらえるという仕組みになっている。

「これは面白そう!」「このような楽しい施設をもっと作るべき」と放送後の反応は上々。同施設の掲げる「遊びを通じた機能訓練」という理念に、共感を覚えた方は多いようだ。

「レクリエーションの一環として、麻雀やパチンコを取り入れている施設は珍しくなくなってきましたが、ここまで"カジノ色"が強いことに驚いた方は多いようですね。カードゲームをやる台なども本格的ですし、本当にカジノへ来ているような感覚を味わえると思います。

このようなカジノ型の介護施設は、新しいデイサービスとしてニュースなどでも取り上げられましたが、『依存症が生まれてしまうのでは?』『介護保険法の趣旨・目的にそぐわない』という批判の声も出ていました。

「介護☓カジノ」異色コラボに驚愕! お年寄りのラスベガス「カジノ型デイサービス」が話題沸騰!!のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、カジノデイサービス ラスベガスワイドナショーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!