NEW

パチスロ「6号機」で苦戦メーカーが頂点に!? 「伝統リール」「純増枚数」規制と独自技術が生み出す「相乗効果」とは......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」で苦戦メーカーが頂点に!? 「伝統リール」「純増枚数」規制と独自技術が生み出す「相乗効果」とは......の画像1

 今月7日、老舗パチスロメーカー山佐が新機種『カンフーレディ・テトラ』の内覧会を開催し、往年のファンから大きな話題を集めている。

 本機は、2000年に初めて導入された『カンフーレディ』の正統後継者。これまで4機種が登場し、今回で5機種目。山佐が誇るオリジナルコンテンツの1つだ。

 気になるスペックは、主流になりつつあるボーナス+RT。ビッグボーナスの最大獲得枚数は285枚、レギュラーボーナスは117枚と標準的なスペックとなっている。

 また、ビックボーナス終了後は必ず「チャレンジループRT」に突入。二段階で構成されているRT性能は、まず初回保証ゲーム数15GのRT「奥義」に突入し、ゲーム数消化後は「試練」に突入する仕様だ。その間で行う技術介入によって、ループ率は実質約66%を実現。出玉率は設定1でも100%超えと噂される、遊びやすさを追求した1台といえるだろう。

 そして最大の注目ポイントは、山佐の伝統的リール「テトラリール(4thリール)」が復活する点である。

 パチスロといえば3本のリールが基本形だが、このリールは1つ多い「4本」という珍しい仕様だ。同社の4号機『シーマスターX』でパチスロ史上初の搭載となった「テトラリール」は、これまで数多くの機種に導入。5号機では2016年に導入された『鉄拳3rdエンジェルVer.』以来の搭載となる。

 また、「テトラリール」は演出用として用いられるパターンとボタンを押して実際にリールを止めるパターン、この2つに分けることができ、今回登場する『カンフーレディ・テトラ』は前者のパターン。あくまで演出用ということもあり、遊技を盛り上げる要素にしか過ぎない。

 その一方で、後者のパターンはリアルリールということもあり、出玉面に直結する性能を持っている。ボーナスや小役を取りこぼさないよう目押しをする必要があり、AT・ARTといった指示機能など、押し順として使用されるケースもある。

 一般的なリールに対して、後者の「テトラリール」は1つ多い仕様。もちろん、あえて搭載するのは専門的な理由があるはず。ただ、ユーザーからは「面倒くさい」「疲れる」との意見は多いが......。

 この「テトラリール」が、山佐の運命を変えると見る向きもある。

パチスロ「6号機」で苦戦メーカーが頂点に!? 「伝統リール」「純増枚数」規制と独自技術が生み出す「相乗効果」とは......のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、カンフーレディ・テトラパチスロ山佐の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!