レインボーライン(牡4歳)

レインボーライン
生年月日
2013年4月1日
馬主
三田昌宏
調教師
浅見秀一 (栗東)
生産者
ノーザンファーム
近親馬
アニメイトバイオ、フォントルロイ
主な勝鞍

2016 アーリントンC(G3)

関連する馬・騎手
血統
ステイゴールド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ ディクタス
ダイナサッシュ
レーゲンボーゲン フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
レインボーファスト レインボーアンバー
レインボーローズ
解説

2014年のセレクトセールで5,400万円で三田昌宏氏が落札。後に三田昌宏氏の名義では本馬が稼ぎ頭となる。馬名の意味は「虹の道」。福井県に『三方五湖レインボーライン』という観光有料道路があるが、それとは関係ないようだ。

NHKマイルC(G1)3着、菊花賞(G1)2着の実績があるオールラウンダー。だが、オールラウンダーすぎて、自分のベスト距離がどこなのか探している。

2歳から3歳春まではアーリントンC(G3)を勝つなど、マイラーとして活躍。しかし、古馬初挑戦となった2000mの札幌記念(G2)で3着に好走。現役マイル最強馬となるモーリスとクビ差の接戦を演じて、一気に評価を上げた。この辺りは、やはりステイゴールド産駒である。

3000mの菊花賞では距離が不安視されて9番人気の低評価に留まったが、それを跳ね返して2着に好走。その実力が本物であることを見せつけたが、活躍距離の幅が広すぎてベスト距離がわからないという同世代のエアスピネルと同じ症状に陥っている。