NEW
永濱利廣「“バイアスを排除した”経済の見方」(1月14日)

景気後退局面から脱出か “神風”とアベノミクス、00年代で最高の経済好循環もたらす

文=永濱利廣/第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト
【この記事のキーワード】, ,

 さらに、今回も原油価格が急落していることもあり、86年当時の状況と類似する点が多い。一方で80年代後半との相違点としては、土地神話がすでに崩壊していることや、生産年齢人口が減少に転じている点などが挙げられる。従って、80年代後半ほどはバブル発生の可能性が高いとはいえないが、さまざまな資産の価格の動きには注意していく必要があるだろう。いずれにせよ、短期的には日本経済における良い環境が期待されると判断できる。

 そして、少なくともいえることは、2000年代以降でここまで経済の好循環が実現したのは、アベノミクスというグローバルスタンダードなプロビジネス的な政策が初めてである。こうした実績と自信を梃に、15年はアベノミクスの進捗がさらに加速されることを期待したい。
(文=永濱利廣/第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合