NEW

人気カフェ「WIRED CAFE」創業者・楠本修二郎氏が語る仕事論とカフェ論

【この記事のキーワード】, ,

 訪れた人たちの生き方に大なり小なり影響を与える力がある。もともとは旅好きだった楠本さんは、その力に引き寄せられるように「カフェをつくる」という生き方を選択したのだった。

 旅は偶然のめぐり逢いの連続だ。その偶然を通して「カフェ的なもの」に出会い、そしてさまざまなキャリアを経て、自分の生業である「カフェをつくる」という仕事へ進んだ楠本さん。だからこそ、その仕事哲学はとてもクリエイティブで、魅力的なのだ。

 他にも、本書のなかで楠本さんは「うちの会社で“自分探し”は禁止」「会社はスジコ組織であるべき」「カフェにおける失敗パターン3カ条」など、自身の経験を踏まえ、そのユニークな人生観や仕事観を紹介している。

 良い意味で生き方や働き方をめぐる固定観念を壊してくれる一冊だ。
(新刊JP編集部)

関連記事

若者が“旅”をすべき理由
「個人」が生き残るための考え方とは? 『パーソナル・マーケティング』著者・本田直之さんにインタビュー
起業家支援のプロが語る「起業の成功・失敗を分けるもの」
孤独、ジレンマ…“起業”の苦しい現実とその先にあるものとは

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合