NEW

デリヘル等の風俗利用で恐怖体験!脅され多額の金取られ、家や会社に押しかけの危険も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A氏は「このままでは翌日帰れなくなるのではないか」「家族に知られたら格好悪い」など悩んだ末、示談書を書くことになる。内容を見ると、「Bの(副店長である)C氏と話し合い納得した上で〇〇ちゃんへの慰謝料と給料保証として●万円で示談とさせていただきます。尚、支払いについては、本日10万円をC氏に払いました」と書かされ、「残りは、●/●と●/●に2分割でCの個人の口座に振り込む」旨が書かされている。最後には、ご丁寧にも、「1日でも遅れた場合は、被害届を出しても、実家に来ても構わない」旨まで書かされ、最後にA氏が署名している。

 まず、「C氏個人の口座に」というのが明らかにおかしい。もし恐喝で警察沙汰になったとしても、C氏個人がやったことと主張するためにマニュアル化しているのだろう。

 一方、もうひとつの「示談書」には、C氏が「本日起きた件については、示談金を受け取ることで、一切の申し出はしない。A氏の個人情報はすべて消し、自宅及び会社に行かない。携帯に電話したり、新たな金額の要求もしたりしない。この約束を破った場合は、A氏から100万円を要求してもらっても構わないし、被害届を出してもいい」旨を書き、署名している。

「分割払いが滞ったら、家や会社に押しかけるぞ」という脅迫状であることは確かである。

 A氏は警察関係者に相談しつつ、Bを勧めた知り合いに話したところ、その知り合いがBと手打ちをしたようである。正当な要求なら堂々とやればよいので、手打ちにしたこと自体、A氏が10万円の恐喝被害にあったことの証拠といえそうだ。

運営側の実態

 ではA氏は、たまたまたちの悪いCにやられたのだろうか? いや、そうではないようだ。実際、警視庁にはBの客からの110番が相次いでいるらしく、組織的にやっているのは明らかだと思われる。

 このBは、どういう業者だろうか。飲食店なども経営しており、一部で人気が高いデリヘルのようである。しかし、経営には反社会的勢力も関与しているといわれ、関係者同士が一緒にいる場面が目撃されている。こんな組織に個人情報を掴まれたら、一生落ち着いて生活できないであろう。

 他社のデリヘル店でも、何かと理由をつけては客から金を巻き上げたり、同業者への支払いも誤魔化したり違法行為や脱税を行っている店など、数え上げたらキリがない。

 では、どの店なら大丈夫なのか。

デリヘル等の風俗利用で恐怖体験!脅され多額の金取られ、家や会社に押しかけの危険ものページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事