ちなみに、この500系の車両は、整備員の教習用として使う予定とのこと。

「弊社では教習用としての役目を500系が終えたら、どこかに展示ができればとも考えています」(同)

 展示する際には、もしかしたら今ではもう地下の線路上を走っていない500系が陸送される貴重なシーンを見られる可能性もあるかもしれない。

 やはり、深夜の東京の街を地下鉄車両が陸送される光景は、かなり迫力のあるもの。鉄道ファンならずとも興奮する方も多いはず。もし見かけたら、その幸運に感謝してみてはいかがだろうか。
(文=牛嶋健/A4studio)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合