NEW
筈井利人「一刀両断エコノミクス」

銀行の「錬金術」が金融危機をもたらす…リスクは一般庶民に転嫁されている

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 2018年は世界的な金融危機を引き起こしたリーマン・ショックから数えて10年目に当たる。当時は米欧の大手銀行数行が破綻や経営危機に陥り、国際金融システムが崩壊する危機に瀕したばかりか、大恐慌の再来まで危ぶまれた。現在、危機は脱したようにみえる。しかし、金融危機の原因を私たちは本当に理解しているだろうか。

 リーマン・ショックで08年9月に倒産したリーマン・ブラザーズは米大手証券会社。しかし当時はそれ以外に、庶民が日ごろ利用する銀行でも預金引き出しが殺到する取り付け騒ぎが起こり、破綻に追い込まれている。

 米インディマック・バンコープは住宅ローンを広く取り扱っていた地方銀行で、サブプライムローン(信用度の低い個人向けの住宅融資)問題の影響から経営が悪化。08年6月に取り付け騒ぎに見舞われ、7月に破綻した。英中堅銀行ノーザン・ロックも前年の07年9月、店頭やインターネット口座に預金者が殺到し、08年2月に国有化される(12年に英ヴァージン・グループが買収)。

 およそ10年後の現在、主要国は好景気を謳歌して株価は高騰し、金融危機はすっかり影を潜めたかに見える。しかし、私たちは危機の本質を本当にわかっているのだろうか。

金融危機の本当の原因


 前イングランド銀行総裁のマーヴィン・キング氏は著書『錬金術の終わり』(遠藤真美訳/日本経済新聞出版社)で警鐘を鳴らす。同氏によると、リーマン・ショック時の危機に関する説明はもっぱら、住宅市場の上昇と下落、債務の爆発的増加、銀行システムの行き過ぎといった症状に終始しており、根底にある原因には触れていないという。

 金融危機の根底にある原因とは何か。キング氏はそれを「錬金術」という言葉で表現する。同氏のいう錬金術とは、銀行が流動性のない経済の実物資産(工場、資本設備、住宅、建物)を現金や流動性にさっと変換できるように見せかけることである。

 銀行などの金融仲介機関はどんなときも、流動性の高い負債を発行して、流動性の低い資産を取得する資金を調達しようとする。資産から得られる利益から負債に支払う金利を引いたものが、金融仲介機関の儲けになるからである。

銀行の「錬金術」が金融危機をもたらす…リスクは一般庶民に転嫁されているのページです。ビジネスジャーナルは、連載、住宅ローン金融危機銀行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事