NEW
本多圭の「芸能ビジネス・ジャーナル」第1回

「松本人志のような自由な言論があってもいい」「紳助が復帰してくれたらな」吉本興業代表取締役社長・大﨑洋氏

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大﨑洋(おおさき・ひろし)。1953年生まれ。78年、関西大学社会学部卒業後、吉本興業入社。ダウンタウンのマネージャーなどを務め、2001年に取締役就任。05年専務取締役、06年取締役副社長、09年より代表取締役社長(写真は、吉本興業東京本部にて)

 芸能取材歴40年以上のベテランジャーナリスト・本多圭が、芸能ビジネスに携わるリーダーや仕掛人たちに話を聞くインタビューシリーズの第1回は、吉本興業代表取締役社長である大﨑洋氏が登場。

 激変する労働環境、変革が進むメディアの中で、お笑い界のビジネスリーダーは何に挑んでいるのか? 愛すべきタレントたちに対する思いは? 次世代への継承や引退に対する考えは? 8年もの長きにわたり吉本のトップに立ち続けるの男の本音を聞いた。
(前編はこちら→「旬が過ぎた芸人、テレビに出られない芸人をどう食わしていくかもテーマ」

大阪のお笑い復興とアジア進出

――大﨑さんは、大阪の“お笑い復興”も意識していると聞きました。新しい劇場のオープンやリニューアルなども積極的に手がけています。

大﨑洋氏(以下、大﨑) 僕は大阪生まれ大阪育ちで、小さいころには親から「おまえはデキが悪いから吉本に行かすぞ」とか言われたぐらいで。結局、本当に吉本に行ったんですけど(笑)。大阪の人たちがどう思っているかわかりませんが、やはり大阪は文化も経済も地盤沈下が激しいと思うんですよね。大阪の人たちは今でも東京に次ぐ国内2番目の都市やって思っているけれど、横浜に負けているし、福岡に負けているし、地政学的にいえば沖縄にも負けていたりする。ただ、沈んできているからこそ、そういうところのほうがおもろいヤツとか、けったいなヤツとかが出てくるんですよね(笑)。なので、吉本にとっては、ちょっとチャンスかなと思っています。

――昨年、関西に4つ目の劇場(※西梅田劇場)をオープンしたのは、2025年の大阪万博誘致に向けてお笑いを拡大していくということですか?

大﨑 大阪にもいろんな産業があり、優秀な中小企業があって地域経済を支えてきましたが、これからの時代は、ソフトパワーというか芸能や演芸やエンターテインメントの力が、大阪でも産業としてもっと成立すればいいなと思っています。大阪の人間はそういうことが好きなので、観客も含めてひとつの産業になればと思っています。まだ何も決まってませんが、うまい具合に万博の可能性もありますから、チャンスはあるのかなと思っています。

――お笑いのパワーは、今は東京のほうが強いという認識はありますか。

大﨑 東京の放送局には、全国ネットの番組がたくさんありますし、雑誌などの出版社もほとんど東京ですから、やっぱりそこに人・物・金が集まりますよね。どうしても大阪は劣勢になってくるんじゃないでしょうか。だからこそ、僕なんかはチャンスやと思うんですけど。

――ダウンタウンの松本人志さんも言っていましたが、東京が優位になって、この国のお笑いの“質”がどんどんつまらなくなっている、という面も確かにあるのではないでしょうか?

大﨑 視聴率という唯一無二の物差しで測ってしまうと、どうしても偏りますよね。たとえば、1万人の全員に笑ってもらう笑いも良し、10人だけがすごく面白がる笑いも良し。それは別に優劣じゃなくて、そんなんもアリ、こんなんもアリということだと思うんです。

――最近ではアジアにも進出しています。

大﨑 国内だけでやってると、争いごとばかりのような気がしてしまうんですよ。同じ釜の飯を食っている仲間のはずなのに、どこか他者と競争しなきゃいけない。アジアに出ていくと、もう少しのびのびと仕事ができるというか、チャレンジできるかな、という感じがする。もちろん生活文化や風習、言葉の意味では大変ですけども、足の引っ張り合いをしなくていいので、のびのびとできるんじゃないかと思っています。

――一時期、現地に頻繁に行かれてましたが、なにか形はできましたか。

大﨑 いま現在は台湾、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピンに、“住みます芸人”が住んでいます。もう3年たつんですが、現地の言葉を覚えてテレビやラジオのレギュラーを持った芸人とか、ドラマに出演した芸人とかが出てきています。台湾では、台北に小規模な劇場も借りてあって、今期中にはタイとインドネシアでも提携できるライブハウスを探そうと言ってあります。けっして儲かりませんが、会社が潰れないくらいまでなら、まあええわと思って(笑)。

「松本人志のような自由な言論があってもいい」「紳助が復帰してくれたらな」吉本興業代表取締役社長・大﨑洋氏のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ダウンタウン吉本興業大﨑洋島田紳助の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事