NEW

クラウド名刺管理サービス「Sansan」をメガバンクや大企業がこぞって導入している理由

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――そもそも、なぜあのセリフが採用されたのでしょうか。

富岡 制作をご一緒した、クリエイターやコピーライターの方々のアイデアです。「Sansan」の世界観やサービス、ミッションを伝えるなかで「これがおもしろいのでは」と着想していただき、第1弾から好評だったので「続けよう」ということになりました。

――今後、CM内の営業部長と課長はどうなるのでしょうか。

富岡 個人的には、「そろそろ取引先のキーパーソンに会えてもいいのかな」と思います。第5弾の制作にあたり、CM制作会社に全社導入を推進するSansanライセンスについてお伝えしたところ、「全社的に導入してこそ名刺が資産になる」というメッセージを込めて、ゴルフをする社長が登場することになりました。現在のバージョンは昨夏に制作したもので、これから第6弾の内容を検討します。これからどうなるか、私自身も楽しみにしています。
(構成=長井雄一朗/ライター)

クラウド名刺管理サービス「Sansan」をメガバンクや大企業がこぞって導入している理由のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、AICMEightSansan働き方改革名刺の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事