NEW

日本調剤社長は年報酬8億円、セブン海外部門社長は24億円…超高額報酬社長リスト

文=編集部

問題発覚でも高額報酬のレオパレス21

 そのほか、“お騒がせ企業”のトップも1億円プレーヤーとして登場する。

 インターネットサイト運営会社のミクシィは、森田仁基社長が株主総会直前に辞任した。チケット二次流通サイト「チケットキャンプ」で「ジャニーズ」の名称を無断使用したとして、子会社のフンザと同社社長を兼務していた森田氏ら3人を、兵庫県警が商標法違反で書類送検したことで責任を取った。

 その森田氏の役員報酬は3億600万円。新社長に就任した木村弘毅氏は2億2700万円である。

 レオパレス21は過去の一部施工物件に建築基準法違反の疑いがあり、1989年2月に上場して以降に施工したアパート3万7853件の調査に着手しており、株価が急落した。それにもかかわらず、深山英世社長は1億2500万円もの報酬を受け取る。レオパレスブランドの単独者向けアパートの建築を請け負い、サブリース(転貸)するのが主な事業だが、株主にも「レオパレス21」のオーナーにも迷惑をかけていることをわかっていないとの批判が多くあがっている。

 3期連続の最終赤字を出しながら、1億円プレーヤーの一覧表に顔を出す“鉄面皮”の経営者もいる。

 給食・食堂受託運営のシダックスは主力事業のカラオケボックスからの撤退に追い込まれた。最終損益は16年3月期が71億円の赤字、17年同期は32億円の赤字、18年同期は13億円の赤字である。

 それでいて、18年3月期に、創業者で取締役最高顧問の志太勤氏は1億8200万円、息子の会長兼社長の志太勤一氏は1億7700万円の役員報酬を得ている。「志太親子の辞書には『経営責任』という言葉が載っていないようだ」と強く皮肉る向きも多い。

 日本で栄養補助食品を無店舗販売しているシャクリー・グローバル・グループのロバート・バーネット会長兼社長は、5億5000万円。同社は17年3月期の純損益が21億8200万円の赤字。18年同期は8億7100万円の赤字。2期連続して最終赤字だ。19年同期も赤字の見通し。会計監査を行う新日本監査法人、メインバンクのみずほ銀行は忠言しないのだろうか。バーネット氏は前年も巨額の役員報酬を手にしていた。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合