NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

フリーメイソンだったモーツァルトは、名作オペラ『魔笛』のせいで暗殺されたのか?

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 7月18日付本連載記事で、モーツァルトはギャンブル依存症だったと紹介しました。そんなモーツァルトは、フリーメイソンの会員でもありました。そして、フリーメイソンの会合で出会ったメンバーにまで、借金の無心をしていたようです。

 皆さんは、フリーメイソンと聞いて、何をイメージなさるでしょうか。「世界を意のままに操る秘密結社」「国家転覆を狙って暗躍している集団」――。そんな言説が、インターネットで調べるとたくさん出てきます。しかし、フリーメイソン発祥の地といわれている英国では、そんな話は聞いたことがありませんし、地方の町でもフリーメイソンの建物が目抜き通りに建っています。ロンドンのど真ん中には、世界のフリーメイソンの総本部の巨大な建物があり、別に怪しまれることもなく自由に入れますし、中には土産物店まであります。ちなみに、フリーメイソンは英国皇太子が総裁を務めています。

 フリーメイソンには、アメリカ建国時の大統領から、最近話題になった高須クリニックの高須院長まで、世界中にメンバーがいますが、ケンタッキー・フライドチキンのカーネル・サンダースもそうです。少し前までは、各店の前にカーネル像が蝶ネクタイと白いスーツを着て立っていたことを覚えておられるでしょうか。1985年に阪神タイガースが21年ぶりの優勝を果たした時に、一部ファンによって、優勝の立役者ランディ・バースの代わりに胴上げされ、大阪の道頓堀川に投げ込まれたあの像です。今は、エプロン姿をしていますが、昔は白いジャケットを着て、胸には2つバッジが着けられていました。そのバッジ、ひとつはロータリークラブ、もうひとつがフリーメイソンのバッジであることを、ご存じの方は少ないと思います。

 モーツァルトの話に戻ります。彼の時代は、啓蒙思想の嵐が吹き荒れていました。啓蒙というのは、“蒙(暗いこと)を啓く(開く)”という意味です。大辞林で調べますと、「人々に新しい知識を与え、教え導くこと」と書かれてあります。当時は封建時代で、王侯貴族と庶民の身分の差がはっきりしていました。しかし、封建主義は、「人間は神の下ではみな平等」というキリスト教的精神に反している矛盾をはらんだ制度でもありました。どうしてそんな理不尽な制度が存在していたかといえば、これまでの人間が“蒙”つまり無知であったことが原因だと考えられ、人々を正しい知識によって“啓く”。つまり啓蒙することによって、本来あるべき真の人間世界をつくっていこうというのが啓蒙思想なのです。

フリーメイソンだったモーツァルトは、名作オペラ『魔笛』のせいで暗殺されたのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オペラフリーメイソンモーツァルト暗殺魔笛の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事