NEW

【吉野家・松屋・すき家】注文すると損するメニュー3選

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 我々の生活において、牛丼チェーン店はもはや必要不可欠な存在。特に男性であれば、心に“推し牛丼チェーン”を持っているだろうし、なかにはほぼ毎日牛丼を食べている人もいるかもしれない。だが、牛丼チェーンを真剣に比較検討したことのある人は、意外と少ないのではないだろうか。
 
 8月2日付当サイト記事『【吉野家・松屋・すき家】食べるべき牛丼メニュー、厳選3品はこれだ!』では、牛丼チェーン御三家のレギュラーメニューを改めて食べ比べたうえで、「食べるべきメニュー」を紹介した。

 今回は、逆に「頼むと損する」メニューを取り上げたい。

吉野家の頼むと損するメニュー】:牛ねぎ玉丼/大盛650円



 コチュジャンを使ったタレの絡んだ青ネギをたっぷりと乗せ、そこに卵を落とした一杯。牛丼チェーンの王道をいく吉野家において、ほぼ唯一のトッピング牛丼メニューといえるのが、この牛ねぎ玉丼である。

 ただ、青ネギと卵を乗せた牛丼メニューは、他牛丼チェーン2社にも存在している。それぞれの値段を比較した場合、大盛と特盛に関しては吉野家だけ割高になっているのだ。とりわけ顕著なのが大盛で、吉野家のものが650円であるのに対して、すき家のものは610円と、実に40円も割高になってしまう。

 もちろん多少高くても、吉野家の牛ねぎ玉丼が一番ウマいと思う方も多いことだろう。しかし、そこまで3社の味の違いにこだわりを持っていない場合、あるいは値段を重視して選ぶ場合であれば、わざわざ吉野家で牛ねぎ玉丼を食べる必要はないといえる。

松屋の頼むと損するメニュー】:牛焼肉定食/600円



 焼肉とライス、サラダがワンセットとなった定食メニューであり、店内で食べる場合はそこに味噌汁が追加される。焼肉はしっかりと焼かれて脂が落とされており、また薬味として大根おろしと青ねぎが添えられているため、さっぱりと食べ進められる一品だ。
 
 ただ、率直に言ってしまうと、あまりにさっぱりしすぎているため、いまひとつ物足りなさを感じてしまう。もちろん健康的な食事であることは望ましいが、たとえば昼食時、「肉を食べて、午後の仕事もがんばろう」という気持ちで頼むには不向きなメニューである。

 また、定食メニューである以上、どうしても提供に多少時間がかかることにも留意したい。こうしてみると、ビジネスパーソンの昼食としては向かないのかもしれない。

【吉野家・松屋・すき家】注文すると損するメニュー3選のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、すき家吉野家松屋の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事