NEW

映画『マスカレード・ホテル』で、共演NGな木村拓哉vs福山雅治の戦争勃発?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『マスカレード・ホテル』公式サイトより

 映画俳優・木村拓哉の勢いが止まらない。昨年8月公開の映画『検察側の罪人』は骨太で重厚なストーリーで、キムタクが「善と悪の一線を越える」という難役に挑みながらも、興行収入約30億円とスマッシュヒット。今年1月18日から公開が始まった映画『マスカレード・ホテル』も公開わずか7日で累計動員100万人を突破し、「興収50億円は堅い」といわれるほど大ヒット中なのである。ある映画関係者は本作の魅力を次のように語る。

「前作の『検察側の罪人』はキムタクにとってかなりの異色作でしたが、今回の『マスカレード・ホテル』はどこを切り取ってもキムタクらしい王道の作品。キムタクが本作で初の刑事役に挑戦というのも意外でしたが、大人気ミステリー作家・東野圭吾がキムタクを主人公に想定して書いた原作を映画化したというだけあって、本当にハマッてます。

 監督はキムタクの代表作『HERO』のドラマと映画も演出したフジテレビの鈴木雅之。気心知れた2人なので、息もぴったりといった感じです。今まで東野圭吾原作の映像作品としては、福山雅治が主演したガリレオシリーズの『容疑者Xの献身』(2008年公開、興収約50億円)がダントツのヒット作だといわれていますが、今回はそれを超えるのではないかという勢い。キムタクと福山という、芸能界的には絶対に共演しない2人が同じ作者の原作映画で競ってるわけですから、ある意味“キムタクと福山の代理戦争”ともいえる。これは目が離せませんよね」

 木村拓哉は現在46歳。一方の福山雅治はこの2月6日で50歳を迎えたばかり。共にトップ俳優である同年代の2人に関しては、「絶対に共演はしない」という“伝説”が語られて久しい。それはある週刊誌の記者が、「“この2人のどちらかが雑誌の表紙を飾れば、もう一方を同じ号に掲載してはいけない”という“忖度”が働く」と認めるほど、マスコミ業界においても確かに存在するものだという。

映画『マスカレード・ホテル』で、共演NGな木村拓哉vs福山雅治の戦争勃発?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ガリレオマスカレード・ホテル木村拓哉福山雅治の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事