NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

コーヒーは体に良いor悪い論争が決着…多く飲むほど長寿命、インスタントでも差なし

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 成人男女の5~7割はコーヒーを毎日、飲んでいるそうです【注1ほか】。筆者が勤務する介護老人保健施設でも、コーヒーが好きというお年寄りの割合がちょうどこれくらいですから、年齢を問わず日本人の嗜好を表しているといえそうです。

 多くの人が大好きなコーヒーが体に良いのか悪いのかは、気になるところです。さまざまな調査も行われてきましたが、必ずしも結果は一致しておらず、シロともクロとも決着がつかない状態が続いていました。

 まず、「シロクロ論争」の顛末を見ておきましょう。

「コーヒーは体に良い」ことを示した調査はたくさんあります。代表的な調査のひとつは米国で行われたもので、60万人以上の男女を14年も追跡した、という力の入ったものです【注2】。結論は、コーヒーを1日4杯以上飲んでいる人は、まったく飲まない人に比べて死亡率が12パーセントも低いということでした。心臓病、脳卒中、感染症などの発症が少なくなるからです。

 こんな話を聞いて、「コーヒーにもインスタントやデカフェなど、いろいろあるのでは?」「タバコを吸っているかなど、コーヒー以外の嗜好品や生活習慣などで違うのでは?」等々、ツッコミを入れたくなった人もいるかもしれません。しかし、この調査結果は、数十項目に及ぶ個人情報をいっしょに収集し、高度な統計学を駆使して分析したもので、その懸念はなさそうです。

 それにもかかわらず、論文が掲載された直後、多数の反論がこの専門誌に寄せられました。「コーヒーをたくさん飲んでバリバリ働いている人は、もともと元気なのでは?」「コーヒーにはカフェストールという有害物質が含まれているが、ペーパードリップ式では吸収され、エスプレッソではそのまま残るため、別々に調べる必要がある」など、もっともな意見ばかりでした。

 逆に、コーヒーが健康に悪影響を与えると断言した調査データも少なくありません。そんなデータに対する反論もやはりあって、「砂糖やクリームが健康に良くないので、しっかり区別しなければ意味がない」などの指摘を受けてきました。

 まさに揚げ足取り合戦が続いてきたわけですが、この混乱にさらに拍車をかける事態が発生しました。コーヒーに含まれるカフェインに対して「強い体質」と「弱い体質」という個人差があり、それによって死亡率との関係は異なるはずという見解が相次いで発表されたのです【注3】。その体質とは「カフェインを体内で分解する速さ」のことで、遺伝子の違い(正確には一塩基多型という)が関わっているとの指摘でした。

コーヒーは体に良いor悪い論争が決着…多く飲むほど長寿命、インスタントでも差なしのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事