NEW

伊藤桃々、18歳…現役eggモデルの仕事論「バイト先でPOP制作と賃上げ交渉」

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真=岩澤 高雄(The VOICE MANAGEMENT)

 ギャルモデル・伊藤桃々(もも)は、この春高校を卒業したばかりの18歳だ。5月に復活するギャル雑誌「egg」(発行はMRA、ウェブ版が先行して2018年に復活)の専属モデルも務めており、JKに大人気の恋愛リアリティ番組『オオカミくんには騙されない』(AbemaTV)への出演で人気が全国区に。最近は“白ギャルモデル”としてテレビ出演も増え、ポスト・藤田ニコル、みちょぱ(池田美優)と目されている存在だ。

 かように、今最も勢いに乗っているギャルといえる彼女。しかし、ギャルだけに勢いだけでここまで来たと思ったら大間違い。生き馬の目を抜く芸能界でのし上がるため、おのれを常に客観視し、かなり綿密な計算のもとに芸能活動を展開しているのだという。そこでビジネスジャーナルは、そんな彼女に、18歳の“仕事論”を聞いてみた。

写真=岩澤 高雄(The VOICE MANAGEMENT)

伊藤桃々(いとう・もも)
2000年12月16日、静岡県生まれ。2018年、ウェブ版「egg」のモデルとしてデビュー。若年層に大人気のリアリティ恋愛番組『太陽とオオカミくんには騙されない♥』(AbemaTV)シーズン4に出演。Instagramフォロワー約30万、TikTokのフォロワー約44万を誇る。趣味はメイク、アニメ。中学校時の部活はバスケ部。

努力した人だけが一番になれる

 今や“ギャル”が仕事になっている伊藤桃々だが、キャリアのスタートはスカウトマンに声をかけられて、モデルの世界に入ったことから。2018年にスタートした「egg」WEB版のオーディションも、最初は“ノリ”で受けたという。

「『egg』の雑誌版は中学生の時に休刊していたので、“ガングロギャル”とかで有名な頃の『egg』のことはあまり知らなかったけど、ノリでオーディションを受けたら通りました(笑)」

 なんともギャルらしい動機である。そんな風に“ノリ”で入ったモデルの世界。しかしながら、当初は周囲のモデルたちに引け目を感じていたとのこと。

「当時は静岡に住んでいるただの高校生だったんです。だから何もわからなくて。私以外はみんな都内のオシャレな子で、オーラが全然違うんです。メイクも上手だし服の着こなしだって全然違う。他の子との差を感じすぎてつらくてへこんで、“どうしたらいいんだろう”“早く追いつかなきゃ”って毎日悩んでいましたね」

 ひとり、仕事のある週末にだけ東京に通う日々。普通であれば、ここで心が折れてしまったとしてもおかしくはないだろう。しかし彼女はめげずに、周囲のモデル仲間の買い物に同行して着こなしを参考にしたり、109ブランドの研究、海外ブランドのInstagramを見て勉強するなどの努力を重ね、現在では人気モデルとなった。そのモチベーションはどこから生まれたのだろうか?

「一番じゃないと嫌だったというか。もちろん初めは下っ端なのはしょうがないんですけど、努力した人が最終的に一番になれると思っているので、最後には一番になりたかった。モデルを始める時も、地元の静岡に帰ったときに知り合いから『うわ〜モデルだ〜』とかって冷やかされたのが内心悔しくて、“一番のモデルになってやろう”って思ったんです」

伊藤桃々、18歳…現役eggモデルの仕事論「バイト先でPOP制作と賃上げ交渉」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ギャル伊藤桃々の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事