NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」第48回

ベートーヴェン、あの名曲の驚きの誕生秘話…難聴ゆえに残された“生々しい”会話帳139冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナポレオン1世(「Getty Images」より)

 4月4日、仏パリのオークション会場であるオテル・ドゥルオーにて、フランス皇帝・ナポレオンが妻・ジョゼフィーヌに宛てたラブレター3通が競売にかけられ、51万3000ユーロ(約6400万円)で落札されたというニュースが、世界を駆け回りました。

 その中の1通を紹介すると、1796年のイタリア遠征中に書いたもので、「愛しい君から手紙が来ない。君の夫は多忙で疲れていても、君だけを思い、君だけを求めている」という熱烈な内容です。

 この年、ナポレオンはジョゼフィーヌと結婚したばかりにもかかわらず、フランス総裁政府のポール・バラス総裁から副官に指名され、イタリア遠征に将軍として赴くことになりました。実は、ジョゼフィーヌはバラスの愛人だった女性。つまり、上司であるバラス総裁の愛人を奪ったかたちです。当時、フランスは敵対していた大国オーストリアを攻略するにあたり、ドイツとイタリアに部隊を分け両面からオーストリアを挟み撃ちする戦略を取っており、ナポレオンはイタリア側を任されました。

 愛人を奪い取られたバラス総裁の心中は、今さら知る由もありませんが、ドイツ側のフランス軍は大苦戦していた一方で、イタリア側のナポレオン軍は連戦連勝。そして翌年の4月にはオーストリアの首都ウィーンに迫り、ナポレオンは総裁政府に無断で講和交渉を締結するという大胆な行動をとりました。オーストリアの領地であった北イタリアの広大な土地と戦利品を手にジョゼフィーヌが待つパリへと凱旋し、フランスの英雄として市民から熱狂的に迎えられました。

 その後、クーデターを起こして総裁政府を倒し、フランス総裁に就任するのは広く知られている通りです。

 ちなみに、このバラスという人物は“悪徳の士”というあだ名がつけられていたくらい、腐敗にまみれていました。革命の英雄であるロベスピエールがバラスの不正を嗅ぎつけたことを知るや、逆に陥れて処刑したり、銀行や商人と結託して暴利をむさぼったといわれています。

 ナポレオンは、そんな悪徳なバラスを上司としてよく知っていたため、自分が不在中にジョゼフィーヌに再び近づかないかと心配して、あのようなラブレターを書いたのかもしれません。同じ手紙のなかで、「夫のことを忘れてしまうくらいだから、ほかに何か夢中になることがあるんだろうね」とも書いており、そう考えてみると意味深長です。武人としては勇敢なナポレオンも、妻を残して戦場にいる夫としては、気が気ではなかったのでしょう。

ベートーヴェン、あの名曲の驚きの誕生秘話…難聴ゆえに残された“生々しい”会話帳139冊のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事