NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

『君が代』、“国歌”は誤訳?特殊なメロディーの秘密

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一般参賀の様子(「Wikipedia」より)

 先日、娘の中学校の入学式に出席したのですが、僕の学生時代と違うのは、『君が代』を斉唱することです。在校生と一緒に歌っている際、僕は少し音符を考えていることに気づきました。僕は音楽家なので、どうしても音符を思い浮かべてしまうのですが、つまりは考えずに歌えるくらいには、『君が代』を歌い込んでいないのです。そう思いながら周りを見渡してみると、歌っている親が少ない。それは、歌いたくないというよりも、我々は『君が代』を歌い慣れていない世代なのでしょう。

 それでも久々に歌いながら、『君が代』というのは世界でも独特な雰囲気を持った楽曲であるとも感じました。まるで和歌のように、短い言葉で多くのイマジネーションを膨らませる歌詞を伴った、日本ならではの楽曲です。

 ここまで僕は“国歌”という言葉を使っていませんが、別に政治的、思想的な意図はありません。堂々と“日本国国歌・君が代”と呼んでもいいのですが、誤訳というか、日本的翻訳があるため、あえて使わなかったのです。

 長い鎖国時代から開国したばかりの明治2年の日本。英国ヴィクトリア女王の次男・アルフレッド公が来日することになり、英国のロイヤル・ファミリーを歓迎するために、日本の“ナショナル・アンセム”を作曲することになりました。このナショナル・アンセムが“国歌”と訳されるのですが、その本来の意味合いは「国を賛美する曲」です。

 このような経緯で、急遽『君が代』が作曲されることになったのです。一方、歓迎式典で同じく演奏される英国国歌は、『神よ、女王を守り給え』です。「我等が高貴なる女王の永らえんことを」と歌い上げます。ちなみに、男性の国王が在任中は、題名も歌詞も“女王”でなく“国王”と変わります。

 つくられた時代背景から考えて、「君が代は千代に八千代に……」と歌われる「君」は天皇陛下を意味していると、僕は思います。開国したばかりの日本としては、ロイヤル・ファミリーもいる、しっかりとした国家なのだと海外にアピールする必要もありましたし、日本国歌の制作を進言し自ら曲をつけたのが、イギリス公使館の軍楽隊長であるジョン・ウィリアム・フェントンだったことからも、ますますその可能性は高いといえます。

『君が代』、“国歌”は誤訳?特殊なメロディーの秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、令和君が代国歌蛍の光の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事