NEW

鈴木その子・没後18年、今もSONOKOの化粧品が売れ続ける理由…昭和型経営の勝利

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SONOKOのHPより

 多くのメディアに露出し、経営していたSONOKOの業績も絶頂期だった2000年に鈴木その子が突然亡くなって18年。アンケート調査によると、依然として40代以上では名前の認知度は85%ということですが、その名前を知らない世代もだいぶ増えてきています。SONOKOと銀座店舗は存続され、現在もなお多くの人に商品とサービスを提供しています。

 先日、そんな鈴木の18年目の命日に行われたお墓参りのメモリアルツアーには、ずいぶん減ってしまったとはいえ、今でも30人ほどの顧客が訪れ、お墓の前で涙を流す人もいらっしゃいます。また、個別にひっそりとやってきて花束を手向けるファンもいらっしゃいます。

 亡くなってからこれほど時間が経っても愛される人は、世の中で稀有な存在でしょう。今を時めく経営者は何人もいらっしゃいますが、亡くなって20年近く経ってもお墓参りにバスがやってくる人は果たしてどれだけいらっしゃるでしょうか。

 そうした稀有なことが続いている理由について考えてみると、鈴木の愛された人柄以外にも、現代の企業経営にも通底する姿が浮かび上がってきます。

物理的な事実に基づくロジック、手間をかけるサービスの存在


 一般的には化粧品のイメージが強い鈴木ですが、事業の始まりはレストランでした。摂食障害を原因とした長男の死をきっかけとして、独自の理論に基づくメニューのレストランで食事を提供しつつ食事法をアドバイスし、自宅でも食を楽しめるようにと物販を始めることで、摂食障害者をはじめとして食に悩む人を救ってきました。その延長として美の悩みを抱える人も、化粧品を通じて救ってきました。

 一般的に食品や化粧品のメーカーのコスト構造においては、販促費用がかなりのウェイトを占めていますが、SONOKOでは良い素材を使わなくてはならないために、原価が占める割合が大きいです。法的な規制をクリアするのはもちろん、脳の働きを安定化させるために糖質の適度な摂取を勧め、併せて添加物や人工油脂を使わないといった、健康や美容について実証に基づく統一された考え方に沿った商品とサービスを提供してきました。個人差はあれど、顧客の悩みを解決することを重要視してきたからこそ、その後の末永いロイヤルティを築いたと推測しています。

 幼少期に口にしたものは大人になっても食べたくなるという話がありますが、やはり口にするもの、肌につけるものを通じて築いた信頼は、長い間人の心に響くものなのでしょう。

鈴木その子・没後18年、今もSONOKOの化粧品が売れ続ける理由…昭和型経営の勝利のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、SONOKO摂食障害鈴木その子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事