NEW

LIXIL暫定CEO候補は、リコー凋落招き「1万人リストラ」を主導した戦犯だった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元リコー社長の三浦善司氏(写真:東洋経済/アフロ)

 LIXILグループは6月25日に株主総会を開催するが、会社側の社外取締役候補について元リコー社長の三浦善司氏を暫定最高経営責任者(CEO)に選定したと11日、発表した。株主総会で会社案の取締役候補が選任されれば、三浦氏が暫定CEOを最長で半年、務める。この間に次期CEOを決める。社外取締役候補の1人であるコニカミノルタの取締役会議長、松崎正年氏は暫定CEOについて「上場企業の経営トップを経験した人でないといけない」と語っていた。次期CEOの選定(決定)には3~6カ月かかるとしている。株主総会では前社長兼CEOの瀬戸欣哉氏らも株主提案で8人の取締役候補を推薦している。瀬戸氏は次期CEOに意欲を示している。

 自戒を込めて書く。拙著『異端社長の流儀』(2013年10月刊行、大和書房・だいわ文庫)で三浦氏を取り上げている(以下、敬称略)。タイトルは『「コストカッター」の異名を持つ、初の経理畑出身の社長の剛腕』。

 三浦は異色のキャリアの持ち主である。29歳でオランダ駐在を命じられて以来、48歳で日本に戻るまで、大半を海外で過ごした国際派である。本社では経理本部長、CFO(最高財務責任者)としてキャリアを重ねた。リコーの歴史の中で経理畑の出身者が社長になるのは初めてのことだ。

 2013年4月27日。4月1日付で社長に就任後、初めて決算発表に臨んだ三浦は、いかにも経理・財務畑出身者らしい経営に対する考え方を示した。財務のプロの三浦は、営業や技術出身の社長であれば口にしない点を、あえて強調した。「フリーキャッシュフロー」という言葉だ。リコーのフリーキャッシュフローは12年3月期は1012億円の赤字だったが、13年同期には180億円の黒字になった。これが14年同期には700億円の黒字と4倍に増えると説明した。

 三浦は1950年1月5日、青森県に生まれた。東京理科大学工学部経営工学科の5期生で、上智大学大学院経済学研究科修士課程を修了。76年4月にリコーに入社した。29歳でオランダ駐在を命じられ、30歳~40歳代はフランスやイギリスなどに(事務連絡等の事情で一時帰国していた期間を除き)通算16年間滞在した。管理部門の責任者としてイギリスやフランスの販売会社の合併・買収を行い、93年からはフランスの販売会社の社長を務めた。日本に戻ってきて98年4月、本社の経理本部副本部長に就き、2000年10月、執行役員経理本部長に就任した。

LIXIL暫定CEO候補は、リコー凋落招き「1万人リストラ」を主導した戦犯だったのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事