NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

外国人“患者”急増で病院混乱…話が通じず治療できない、保険利かず高額医療費トラブル

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 

 今や観光地は訪日外国人で溢れている。外国人に日本の魅力が認められ、さまざまな国から多くの外国人が訪れることは、非常に嬉しいことだが、その一方で病院が外国人患者の対応に苦慮している。

 医療関係者の間からは、コミュニケーションの問題を中心に、「どんな病状なのかを判断するのに、非常に苦労した」「診療方針を伝えても、理解が得られない」「訪日外国人は自費診療になるため、医療費の支払いで問題が発生する可能性が高い」などの声が多く出ている。

 日本にいる外国人数は、2008 年末には214万4682人だったが、10年後の 18 年 6 月末には263万7251人と20%以上も増加した。それでも、これまでの外国人の患者の中心は、就労ビザを持ち、日本で働く外国人がほとんどだった。彼らは企業に所属しているため、公的な健康保険制度に加入しているケースがほとんどで、日本の医療制度などについてもある程度の知識を持っており、支払い問題等が発生するケースは少ない。

 また、コミュニケーションの面でも、本人が日本語を理解できない場合でも、会社の同僚など親しい日本人がいることから、比較的に医師等と患者のコミュニケーションが取れるケースがほとんどだった。

 近年では「医療ツーリズム」で訪日する外国人も増加している。彼らの場合には、治療内容が決まっており、また治療内容に対して理解をし、医療行為に合意しているため、問題が起こりにくく、病院側も事前に準備ができるため、コミュニケーションの問題が発生するケースは少ない。医療費についても、事前に取り決めしてあるケースが多く、問題が発生することは少ない。

 しかし、13年には約1030 万人だった訪日外国人観光客は、17年には2860万人に達し、4年間で3倍に迫る勢いで増加しており、それに伴い、訪日外国人観光客が患者となるケースも急増している。

 前述のとおり訪日外国人観光客は、まずコミュニケーションを取るのが難しいため、「病状を把握するのも大変。さらに、英語圏だけではなく、多言語での対応が必要なため、外国人患者によっては、まったく話が通じないケースもある」(都内の大手病院関係者)という問題も起きている。

 コミュニケーションが難しいというのは、治療方針や治療内容を説明する場合には、非常に大きな問題となる。「なぜ、この検査が必要なのかを説明しても、なかなか納得してくれない」「自国で受けている治療と方法が違うため、治療を拒否された」というケースも起こっている。こうした問題が、医師と外国人患者との間のトラブルの原因となる可能性も指摘されている。

外国人“患者”急増で病院混乱…話が通じず治療できない、保険利かず高額医療費トラブルのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事