NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

丸山穂高議員、国会に姿現し場内騒然→突然“仰天行動”&「辞職しない」と宣言

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山穂高議員、国会に姿現し場内騒然→突然仰天行動&「辞職しない」と宣言の画像1
丸山穂高衆議院議員(写真:毎日新聞社/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 6月26日、第198回国会が終わりました。結局、衆参ダブル選挙はなく、7月21日の参議院議員選挙に向けて、みんなが準備に追われています。ただでさえ忙しいのに、今回の参院選は野党の立候補者擁立が遅く、直前の公認発表などでバタバタです。4日の公示の前日になっても、まだビラが届かないとか選挙事務所の届け出書類が揃わないとかで、永田町はあちこちで怒号が飛び交っています。

 とはいえ、どんなに準備が整っていなくても、公示されて走り出せば、なんとか形にできるのが秘書の腕というか、ベテランのすごさですね。神澤も何度選挙を経験しても毎回勉強になることがたくさんありますから、21日までの17日間はお手伝いをがんばります。

 特に今回は全国を飛び回る予定なので、体力がもつかどうかが一番の課題です。余計なことは考えず、目の前の仕事をこなしていくのみです。体重はアップではなく、ダウンの結果になるといいのですが。

三原じゅん子の「恥を知りなさい!」にうんざり

 閉会前日の6月25日には、安倍晋三内閣への内閣不信任決議案が野党から提出されました。国会は不信任案が提出されると最優先で審議するため、それまで準備していたものはすべて後回しにされてしまいます。働き方改革を訴えているわりには、いつまでも効率が悪く、不信任案のために多くの職員や秘書が残業を余儀なくされます。

 そうした批判を恐れたのかどうかはわかりませんが、この日の不信任案は昼前に提出され、13時からの本会議で審議・採決されました。演説は立憲民主党の枝野幸男代表から始まり、56分間とさほど長くはありませんでした。国民民主党の泉健太議員はたったの14分間です。最終日前日で、しかも短時間だなんて、やる気がなく形だけというのが見え見えですね。

 案の定、15時半頃から始まった記名採決も淡々と進み、16時前には終了しました。形式的な不信任案提出ならしないでほしかった……。職員や秘書たちは、みんなそう思っています。

 そういえば、24日の参議院の問責決議案の審議で三原じゅん子議員が野党に対して「恥を知りなさい!」とキレて話題になりましたが、マスコミは総じてあきれモードでしたね。爆笑問題のお2人もラジオで「時代劇みたい」「笑っちゃう」と言っていたそうです。実は、永田町の秘書たちもうんざりしています。

丸山穂高、採決中に本会議場から“脱走”

 こんな茶番のような内閣不信任案の記名採決が行われている最中に、また丸山穂高議員がやってくれました。適応障害で2カ月休養しているはずですが、この日だけは登院し、本会議に臨んでいたのです。記名採決で最初に名前を呼ばれた丸山議員が颯爽と議長の前に歩いていったときには、場内がどよめきました。

 さらに、投票後の行動にも唖然とさせられました。採決を行う際、本会議場は議長が「議場閉鎖」と命じ、出入りが禁止されます。それぞれの出入り口の前には衛視が立ち、ドアもロックされるのですが、実は1カ所だけロックされない出入り口があります。それは議長の真後ろのドアなのですが、丸山議員は投票後、すぐにそのドアから外に出たのです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

丸山穂高議員、国会に姿現し場内騒然→突然“仰天行動”&「辞職しない」と宣言のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事