ヤマハ「月極ライダー」、購入不要で他社製バイクも低額&定額利用…業界、競争から協力へ

月極ライダー HP」より

 

 ヤマハ発動機株式会社(ヤマハ)が、「月極ライダー」と銘打った中古二輪車(バイク)の新しいビジネスモデルを考えているようだ。それは定額課金制、いわゆるサブスクリプション・ビジネスと呼ばれるものだ。サブスクリプションとは、継続的に顧客に料金を課し、その代わりに自社の製品やサービスを使用してもらうことをいう。

 ヤマハは、埼玉県の中古バイク販売会社はとやと提携し、月極ライダーのサービスを提供する。対象となる車種には、ヤマハ以外のメーカーのモノも含まれる。ここがポイントだ。ヤマハはオープン・イノベーションの実践を通して、バイク業界全体の活性化を目指す。国内市場が縮小均衡に向かい、海外市場の重要性が高まるなか、ヤマハは各企業がしのぎを削るよりも、協力できるところは協力したほうが持続的な成長を目指しやすいと考えている。
 
 これは非常に興味深い考えだ。サブスクリプションなどの新しい発想や社外のテクノロジー活用を通して、ヤマハがどのように成長を実現していくか、注目したい。

サブスクリプション・ビジネスとは

 ヤマハが開始したサブスクリプション・ビジネスは、世界全体で大きな注目を集めている。なぜなら、先進国を中心に経済が成熟し、人々の生き方が大きく、かつ急速に変化しているからだ。一言でいえば、モノを所有することにこだわる人が少なくなっている。シェアリングエコノミーの普及のように、特定のモノを所有して限られた利用権を独占するのではなく、必要に応じてモノを利用できる権利を手にできればよいと考える人が増えている。

 モノを持つことへのこだわりが薄らぐなか、企業は顧客に対して継続的に料金を課し、自社の製品などを利用してもらうことを重視するようになった。それが、サブスクリプション・ビジネスへの関心を高めている。すでにトヨタ自動車は、レクサスなどを対象とするサブスクリプション・サービスを始めた。

 サブスクリプションは雑誌などの定期購読に似ている。同時に異なる点もある。ポイントは、デジタル技術を用いたカスタマイズだ。たとえば、音楽のサブスクリプションの場合、リスナーはレーベルに縛られることなく、好きなアーティストの楽曲をネットワーク上からダウンロードして楽しむことができる。サブスクライブを提供する企業は、ネットワーク上のデータをもとに、顧客に別の楽曲をリコメンドし、より長期の関係構築を目指すことができる。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

企業・業界

ビジネス

総合

SNS