NEW
池内ひろ美「男と女の問題を斬る」

年下&セレブ男と“デキ婚”の滝クリ、アラフォー独身女子たちが「その手があったか!」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年下&セレブ男とデキ婚の滝クリ、アラフォー独身女子たちが「その手があったか!」の画像1
小泉進次郎衆議院議員と滝川クリステルさん(写真:毎日新聞社/アフロ)

 

 7日に首相官邸エントランスで結婚発表会見を行い、8日に入籍した小泉進次郎衆議院議員(38)と、フリーアナウンサー・滝川クリステルさん(41)の結婚に関する報道が止まらない。妊娠している滝川さんを母体も慮って、安定期に入ったタイミングで発表したのも、小泉さんが女性に支持される理由のひとつだと感じられるし、結婚生活も新しい夫婦のスタイルになるのではないかと、期待と賛辞の声が集まっている。

 今、結婚相手に年上女性を選ぶ男性が増えている理由について、本連載記事『なぜ年上女性は年下男性にモテるのか?「年上妻」夫婦が最高に素敵&幸せである理由』でも書かせていただいたが、本稿では、そこから進めて、滝川さんが“アラフォー・オトナ女子”たちの希望の星となったという視点から考察してみたいと思う。

アラフォー独身女子たちの深い悩み

 いうまでもなく、小泉さんは結婚相手としては完璧だ。人気ある代議士というだけではなく、名門・小泉家の次男であり、さらに将来の首相候補とまでいわれている。さらに滝川さんに「政治家の妻像」を押しつけることなく、仕事を今まで通り続けることを許しているといい、まさしく理想の結婚である。ちなみに次男というのは、親から長男ほど多大な期待を背負わされないと考えられがちなため、独身女性からポイントが高い。

 アラフォー独身女子のなかには、今まで過去の恋愛において何度か結婚を考えたことがある人もいるだろう。仕事か結婚か、仕事か出産かという選択を迫られ、悩んだ末に結婚を選ばず独身を通してきた人も多い。そんな女性たちにとって、滝川さんは希望の星となった(結婚後に仕事を続けるかどうかの許可を得なければならないのは、常に女性の側だけだが、今回はその是非は問わないでおこう)。

 今の40歳前後の独身女性は、実にさまざまなものを持っている。高い学歴と高いキャリア、仕事におけるやりがいを持ち、一人で食事やカラオケに行く勇気を持っている。海外旅行や語学留学などを楽しむだけの経済的余裕があり、友人たちとの楽しい時間も持っている。オトナの魅力溢れる美しさを持つ女性もいるし、社会貢献マインドを持ち、滝川さんのように社団法人や財団法人を設立・運営している女性もいる。いわゆる「ハイスペック・オトナ女子」である。

 彼女たちがもっとも悩ましく感じるのは、結婚と出産である。

「仕事も私生活も充実しているなか、どのタイミングで結婚すればいいのか」

「仕事に影響を及ぼさないために、地元の公務員男性を選べばいいのか」

「責任ある長男の嫁ではなく、次男か三男の男性を選びたい」

「結婚相手が決まったら、自分が何歳のときに出産すればいいのか」

「産前産後に休暇を取得できる福利厚生は整っているか、育休を得た後に職場復帰できるだろうか。そのためには出産の時期を慎重に選ばなければならない」

「出産した後、保育園に子どもを預けることはできるだろうか」

年下&セレブ男と“デキ婚”の滝クリ、アラフォー独身女子たちが「その手があったか!」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事