NEW

なぜジャニーズWEST?バレーW杯のスペシャルサポーターがそこまでイケてないわけ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
volleyball
フジテレビの「FIVBワールドカップバレーボール2019」公式サイトより

 9月14日に開幕する「FIVBワールドカップバレーボール2019」。4年ごとに行われるこの大会は、毎回フジテレビが独占放送し、スペシャルサポーターとしてジャニーズの新人グループが起用されることが恒例行事となっている。これまでも、1995年のV6、1999年の嵐、2003年のNEWS、2007年のHey!Say!JUMP、2011年と2015年は連続してSexy Zoneと、この大会を機にCDデビューを狙う若きジャニーズJr.たちの登竜門的存在になっているのだ。

 しかし、今回のスペシャルサポーターに抜擢されたのは、CDデビューしてすでに5年にもなるジャニーズWEST。なぜ新人グループの起用は見送られたのか? ジャニーズ事情に詳しいある週刊誌記者は、次のように分析する。

「前大会もSexy Zoneが起用されましたが、実はあの時点で、“新人グループの登竜門”としての役割は終わっていたのです。というのも、2011年にデビューしたSexy Zoneは、同年のこのワールドカップバレーで初めてスペシャルサポーターに抜擢され大々的に売り出されました。しかしその後、グループとして一般層にまで浸透するほどには売れることなく、結果的に2015年にもまたスペシャルサポーターを務めることに。Sexy Zone以後も、2012年にA.B.C-Z、2014年にジャニーズWESTがデビューしていますが、いずれもジャニーズファン内での人気にとどまっている。2018年にデビューしたKing&Prince(キンプリ)まで、わかりやすく爆発的に売れたグループをジャニーズは輩出できておらず、これをアイドル業界では“セクゾ渋滞”と呼ぶほどなのです。

 Sexy Zoneはもうデビュー8年めなのに、まだまだグループの冠番組も定着していない。むしろ、発売初日に30万枚超という鮮烈なCDデビューが印象的だったキンプリのほうが、まだわかりやすく売れたといえるでしょう。なので、いまの時代にバレーW杯で新人グループを仕掛けるのは危険だと判断され、セクゾ渋滞に巻き込まれたままのジャニーズWESTのほうに白羽の矢が立ったのではないかといわれています」

なぜジャニーズWEST?バレーW杯のスペシャルサポーターがそこまでイケてないわけのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事