NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

糖質制限ダイエットが体と脳を壊す…炭水化物を“正しく”食べることが重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 今回は、糖質制限ダイエット(=低炭水化物ダイエット)について書きます。これについて筆者は批判的です。全面否定はしませんが、健康な人がやることではないという立場です。現在これを信じ熱心に取り組んでいる方は、お読みになる必要はないということを、まず申し上げておきます。

 あくまでも個人的な意見で、何か物品を販売しようとしたり、筆者が主催する講座やセミナーに誘導したりする気はまったくないということも、併せて申し上げておきます。

 人が何を食べようと自由なのだから勝手にさせてくれ、というのは、ずっと筆者自身が言ってきたことで、他人が食べるものにグダグダ言う気はさらさらなく、何が正しいとか正しくないとかもここでは言う気はありません。

 私たちが日常的に食べるものは一長一短、良いところもあれば、そうでないところもあります。米にも、大豆にも、肉や魚にも、野菜にも、良いところもあるし、悪い面もあります。ひとつの食品だけを取り上げて、これは良いとか悪いとか断じることが、そもそもナンセンスだと筆者は考えています。食事は、トータルなものです。全体を見なければいけません。

 筆者が今回、糖質制限ダイエットについて書こうと思ったきっかけは、いくつかの事例があったからですが、直接には、よく行く飲み屋さんが開いた「日本酒の会」で隣り合わせた中年男性が、会話の途中で「ここのところ、急にヘモグロビンA1cが下がったんだよ」と、うれしそうに言ったことです。

 まず筆者が思ったのは、こういう中年男性でもヘモグロビンA1cなんて言葉を日常で使うんだ、ということでした。次いで、急にヘモグロビンA1cが下がるというのは、けっこう危険なことなのだが、それを今、言ってあげたほうがいいのだろうか、という思いがよぎりました。

 結局、筆者は「あぁそうですか」「よかったですねぇ」と、ありきたりな言い方をしてお茶を濁したのですが、なぜかといえば、この男性がもし糖質制限ダイエットに取り組んだ結果、ヘモグロビンA1cが下がったのだったら、面倒なことになるなと思ったからです。面倒なこととは、論争のようなことになりかねないということです。

 筆者の基本的な姿勢は「いかなる場合でも食い物のことで争うべきではない」というもので、これは常に考えていることです。

糖質制限ダイエットの危険性

 そんなわけで、言い争いを避けるために、その男性には言いませんでしたが、実は短期間にヘモグロビンA1cを急激に下げてしまうと、網膜症を悪化させる危険性があります。そして、もしこの男性が糖尿病による網膜症で、誰かに勧められて糖質制限ダイエットに取り組み、その結果ヘモグロビンA1cが急激に下がったというのであれば、話は難しい方向にいきかねません。

 しかし、そのような人は意外と多いのではないか、という気持ちも同時に筆者の中にはありました。糖質制限ダイエットはもともと、重篤な2型糖尿病患者の方々に対して行われた、極端な炭水化物制限食が源流です。日本では大正時代から昭和の初期にかけて行われていた療法です。

糖質制限ダイエットが体と脳を壊す…炭水化物を“正しく”食べることが重要のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事