NEW
連載
中曽根陽子の教育最前線

教員は第一線の専門家、本格的インターン組み込み…志願者絶えない専門職大学の秘密

文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト、マザークエスト代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英語の外部試験の導入延期や、記述式問題の採点の公平性についての議論が起きるなど、ブレーキがかかる感が否めない2020年度からの大学入試改革。スピード感を持った変化が求められる時代に遅々として進まない大学教育改革を尻目に、外側では着実に新しい教育の芽が生まれつつある。そのひとつ、大学教育の台風の目となりそうなのが、情報経営イノベーション専門職大学(愛称iU)だ。今回は、設立準備室室長の宮島徹雄氏に話をきいた。

新しいタイプの大学、専門職大学とは

 この記事で取り上げるiUは、20年4月に墨田区に開学する専門職大学だが、そもそも、専門職大学とはなんなのか。ご存じない方も多いと思うので簡単に説明しよう。

 専門職大学とは、学校教育法の一部改正により55年ぶりに新設された新しいタイプの大学/短期大学で、専門とする職業分野の高度な実践力と、それを他分野の知識等と結びつけて新たなモノやサービスを生み出す豊かな創造力を育てることを目的としている。背景には、AI(人工知能)などテクノロジーの急速な進化などで産業構造が急激に変わっていくなかで、国が成長・発展を持続していくためには、優れた「専門技能」と高度な「実践力」、そして新たなモノやサービスを創り出せる「創造力」を有する人材の育成強化が急務となっているが、既存の大学ではその要望に応えきれないということがある。

 実際、「最近の大学生に不足している能力」としてあげられている能力のトップ3と、それをあげた企業の割合は、

(1)創造力:68.3%

(2)産業技術への理解:66.4%

(3)コミュニケーション能力:58.1%

となっている(日本経団連「産業界の求める人材像と大学教育への期待に関するアンケート結果」<2011年>より)。

 そこで、質の高い実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関として制度化されたのが、専門職大学というわけだ。既存の大学との大きな違いは次の3つ。

1. インターンシップを600時間以上行うことが、卒業条件になっていること。

2. 授業が原則すべて40名以下で行われること。 

3. 実務家専任教員が4割以上を占めることが義務付けられていること。なおかつその半分は、大学等での教員歴、修士以上の学位、企業等での研究上の業績のいずれかを持つ人材でなくてはならい。

関連記事