NEW
ジャーナリズム

東京都教委も非公表、都立高校・図書館運営で偽装請負発覚…都教委が現場に責任転嫁

文=日向咲嗣/ジャーナリスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】東京都教委も非公表、都立高校・図書館運営で偽装請負発覚…高校側が不当な要求かの画像1
「都立荻窪高校 学校案内」より

 2019年9月14日付当サイト記事『東京都、都立高校図書館で“偽装請負”蔓延か…労働局が調査、ノウハウない事業者に委託』において、東京都立高校の学校図書館で2015年5月に起きた“偽装請負事件”をスクープした。

 教育現場が違法認定されるという前代未聞の出来事であるにもかかわらず、東京都はその事実を一切世間に公表しなかった。そのため前出の記事で当サイトが報じるまで都立高校の偽装請負事件は闇に葬られたままだった。

 さらに、そのプロセスが詳しく記録された内部資料を詳しく調べてみると、偽装請負にとどまらず、仕様書通り人を配置できないという、受託業者のずさんな実態が浮かび上がってきた。

【完了】東京都教委も非公表、都立高校・図書館運営で偽装請負発覚…高校側が不当な要求かの画像2
エースシステムが提出した始末書

 学校図書館の運営を請け負った業者が、初日から契約どおり人を配置できなかった――。上の図は、その始末書の一部である。このとき、委託費は全額払われており、なんのペナルティーも課せられなかった。

 東京都立高校が学校図書館の民間委託事業をスタートしたのは2011年度。01年以降、専任・正規の学校司書の新規採用を停止していた東京都は、この頃から民間委託に大きく舵を切った。対象校は11年度の19校から年々増えていき、4年後の15年度には全体の半数近い80校まで増えていた。

 専門業者に学校図書館の運営を丸ごと委託することで、都立高校は生徒の読書支援をより効率的に推進できるようになるはずだった。

 ところが、現実は違っていた。まず、突然発覚したのが偽装請負である。

 15年5月21日、内部告発を受けた東京労働局が都立農芸高校へ調査に入った。学校側に資料提出を要請し、担当者も含めた関係者9人に詳細な聴き取り調査を行った。受託した業者が独立して業務を完結するのが業務委託の原則。委託スタッフが派遣先で委託元の指示命令のもとに動いていれば、それはもはや請負とは呼べない。請負を装った無許可の労働者派遣事業の疑いがあるとして取り調べられたのだ。

 結果はクロ。すでに内部告発によって証拠書類が一式そろえられていたためか、違法事実は容易に認定された。同局は舛添要一都知事(当時)に対して、是正指導を行った。都立高校も委託業者も、派遣に必要な許可を得ておらず、無許可派遣=偽装請負と認定。法的には、労務者の賃金をピンハネする“手配師”と同じである。

【完了】東京都教委も非公表、都立高校・図書館運営で偽装請負発覚…高校側が不当な要求かの画像3
2015年に東京労働局から当時の舛添都知事宛に発出された是正指導書

 このとき査察を受けたのは1校だけ(是正指導の対象は12校)だったが、労働局から厳しい指導を受けた都教委は、学校図書館を民間委託していた全校に対して内部調査を実施。

 その結果、他校でも同様の違反実態があったとして、「指示・命令は事前に業務責任者を通して行うこと」「図書館だよりや選書リストは受託者から提出されたものを基に学校が決定すること」「受託者に従事者の配置や変更についての要望は行わないこと」などを厳守するよう全校に通達する改善措置を講じた。

関連記事