NEW
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

家の中の無駄なモノが“必ず1カ月で捨てきれる”ミンズゲーム?密かにブーム

文=中山真由美/整理収納アドバイザー
【この記事のキーワード】

, ,

「いらないモノを捨てよう」と思い立っても、「やはりとっておこう」「何かに使うかもしれないし」と捨て損ねることって多いですよね。でもそういうモノが、必要なモノを探しづらくさせ、家をゴチャゴチャにしているんです。そんな方にお勧めな、溜めこんでしまった不要なモノを上手に手放せるお片付けゲームをご紹介します。

アメリカのSNSから生まれた「MINSGAME(ミンズゲーム)」

 このゲームはアメリカのSNSから始まったものです。最小限のモノだけで生活する「ミニマリスト」のブームをつくった男性2人が、うまくモノを処分できる方法として紹介したゲームです。ルールはとてもシンプル。

家の中の無駄なモノが“必ず1カ月で捨てきれる”ミンズゲーム?密かにブームの画像1

・必ず月の初めにスタートする

・1日目に1つ、2日目に2つ、3日目に3つと毎日捨てるモノを増やしていく

・毎日捨てたモノを写真に撮り、Instagramにアップする

・それを月末の31日まで続ける

 これだけです。最後まで実行できれば、合計496個のモノを捨てられます! 毎日捨てる個数が決まっていること、実行できなければそこでゲームオーバーになってしまうので、「なんとか捨てられるモノを見つける」ことになるのがポイント。これが、なかなかモノを手放せない人には、とてもよいきっかけになるのです。実際やってみて、私がもう一つルールを加えるなら、

・捨てるのは自分のものだけ

ということです。自分のものを徹底的に吟味して捨てることで、実は家族にも良い影響がありました。

「いつか使うと思うモノ」「持っているだけのモノ」から捨て始めるとよい

 すべての持ち物は、実は4つのカテゴリーに分類することができます。

(1)いつも使っているモノ(アクティブ)

(2)今は使っていないが、すぐ使えるように待機しているモノ(スタンバイ)

(3)持っているだけで、すぐに取り出せないモノ(プロパティ)

(4)処分を待っているモノ(スクラップ)

 どれから始めてもよいのですが、(3)は存在を忘れたまま収納を圧迫しているので、ここから処分していくのがお勧めです。私の初日はスマホの充電コード(断線しかけているけど、使えるので捨てられなかった)でした。そこから2日目は使っていないパスケースとバレッタ、と捨て始め、「意外に簡単! これなら1カ月いけそう」と思っていたのですが、15日目ともなると、(2)の待機しているモノで捨てるモノがなくなりました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ