NEW
企業・業界

ツルハとウエルシア、経営統合の可能性も…マツキヨ首位奪還で、イオンが“強権”発動か

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】ツルハとウエルシア、経営統合の可能性も…マツキヨ首位奪還で、イオンが強権発動かの画像1
マツモトキヨシの店舗(撮影=編集部)

 ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインが、2021年10 月に経営統合することが決まった。両社合算の売上高は約1兆円で、業界首位に立つ。業界ではM&A(合併・買収)が盛んに行われ、再編が加速している。両社の経営統合でそのうねりは一段と大きくなる。

 両社は共同で持ち株会社を新たに設立し、株式移転により両社がぶら下がるかたちで統合する。新会社名や経営体制は、今後詰める。統合に先立ち今年4月までに、マツキヨHDはココカラの第三者割当増資を引き受けてココカラ株を約383億円で取得し、すでに保有する株式と合わせて出資比率を20.04%(議決権ベース)に高め、ココカラを持ち分法適用会社にする。

 マツキヨHDの18年度の売上高は、5759億円で業界5位だ。かつては長らく首位に座り続けていたが、近年、ウエルシアHDやツルハHDなどに抜かれ、順位を落とし続けている。そうしたなか、4005億円で7位のココカラと経営統合する。19年度計画で見ると両社合算の売上高は1兆90億円となり、18年度における首位のツルハHDなどを超えてトップに躍り出る。

 ドラッグストア業界ではM&Aが活発だ。ツルハHDとウエルシアHDがマツキヨHDを売上高で抜き去ったのも、M&Aが大きな要因となっている。ウエルシアHDが16年度の売上高で、それまで首位だったマツキヨHDを抜き去ったのは、15年9月に完全子会社にした同業のCFSコーポレーションの業績が大きく寄与した。さらに、ツルハHDが18年度の売上高でウエルシア HDを抜き去ったのも、同業のビー・アンド・ディーHDを傘下に収めたことが大きく寄与した。

 ココカラも、今後はM&Aを強めていく。マツキヨHDに対する第三者割当増資で381億円を調達するが、そのうち223億円を22年3月までの2年間でM&Aなど成長投資に割り当てるという。これを含めて467億円を投資し、大型案件を含めたM&Aを進める考えだ。

ドラッグストア業界、M&Aが加速の可能性

 ドラッグストア大手各社がM&Aを積極的に行って規模を急拡大させている背景には、スケールメリットによるコスト低減効果が大きいことがある。 そのひとつが商品の共同調達によるコスト削減だ。商品の仕入れを一本化することで、仕入れ原価の低減とリベートの増加が期待できる。マツキヨHDとココカラが経営統合するのも、これが大きな理由となっている。ウエルシアHDがCFSコーポレーションを完全子会社にしたのも同様の理由だ。