NEW
企業・業界

ロイヤルHD、ロイホと真逆の新業態店を展開…火と油を使わない&現金使えない

文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント
【完了】ロイヤルHD、ロイホと真逆の新業態店を展開…火と油を使わない&現金使えないの画像1
「GATHERING TABLE PANTRY」二子玉川店の外観

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を展開するロイヤルホールディングス(HD)が2019年12月、現金を使えないキャッシュレスの新業態店を本格スタートさせた。

 同社はロイホ以外に「天丼てんや」、サラダバー&グリル・レストラン「シズラー」、ピザレストラン「シェーキーズ」なども子会社を通じて展開する。

 新業態は「GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリング テーブル パントリー)」の店名で、「気軽な食事、家庭の食材庫」との意味だという。17年、東京・馬喰町(中央区)に開業した研究・開発店舗の進化版として、同・二子玉川(世田谷区)に開業した。

 今回、同社関係者の好意で、店を視察しながら食事をともにし、話を聞いた。新業態に込めた思いや取り組みを紹介しつつ、消費者心理の視点から考察したい。

火と油を使わないで料理を提供

 機能性を重視した新業態なので、ロイホが行う「料理人が腕をふるう」店ではない。調理での最大の特徴は「火と油を使わない」ことだ。

 料理のコンセプトは「フレッシュ&フローズン」を掲げ、メニューの約3割はセントラルキッチンで仕込んだ料理を用意し、ひと手間かけて提供する。キッチンには、マイクロウェーブコンベクションオーブン(パナソニックと共同開発した加熱調理機器)、IHヒーター、スービークッカー(真空調理用加熱器)などをそろえ、お客の注文に対応する。

 たとえば、ショートパスタとしては「リコッタのラヴィオリ」(780円/税抜き、以下同)、「ペンネアラビアータ」(650円)など。しめのカレーとしては「ひとくち欧風ビーフカリー」「ひとくちビーフジャワカリー」「ひとくちスリランカチキンカリー」(いずれも480円)がある。これ以外にハンバーグやピザなどもあり、しっかり食事はとれる。

 同社は別事業として機内食や病院食も幅広く手がけており、そうしたノウハウを展開したのだろう。味は一定のおいしさで、同行した会社員女性はこう話す。

「ミニサイズで手軽に食べられますし、一品ごとの単価はロイホより安い。飲み会には向くかもしれませんね」

 一方で、料理の特徴を話したところ、カフェの女性経営者(地方で個人店を経営)は、こんな感想を述べる。

「冷凍食品はスピーディーに提供できますから、忙しい方にはうれしいサービスですね。一方で、調理の雰囲気はどうなのかなと気になりました。火と油は使わないそうですが、ジューと焼いたり、炒めたりする音はワクワクしますから」

 キッチンは開放的で作業も“見える化”でき、消費者心理には一定の対応があった。

関連記事