小室圭さん、メディア各社に謝罪要求、“皇室利用”なのか?借金問題、解決の方向かの画像1
小室圭さん(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 令和も2年も迎え、4月に立皇嗣の礼を控えている秋篠宮家だが、眞子さまの結婚問題はくすぶり続けたままだ。そうしたなか、「週刊文春」(文藝春秋/2月20日号)を開くと「皇室利用と言われても仕方ない」の見出しが目に飛び込んできた。メディアの報道に対して、小室圭さんが代理人を務める上芝直史弁護士を通じて抗議し、メディアの多くは謝罪したという。

 昨年11月の秋篠宮殿下のお誕生日会見で、眞子さまと小室さんの結婚問題について、以下のような言及があった。

「次の2月で2年たつわけですね。昨年(2018年)の2月に今の気持ちを発表しているわけですので、なんらかの発表をする必要があると私は思っています」

 この発言を報じる際にメディアは改めて結婚問題を振り返ることになり、昨年1月22日付けで発表された小室さんの説明文書も取り上げられた。その報道について、フジテレビの『Mr.サンデー』は昨年12月8日、このように謝罪した。

「小室さんサイドが借金問題については解決済みであるということを文書で発表したとの発言が出演者からありました。しかし、これは誤りで、そうした主張はありません」

 TBSの『あさチャン!』も12月3日に同様の内容で謝罪しており、フジテレビの『バイキング』も12月26日に謝罪した。

 文春の誌面によればこうした謝罪は、小室さんの意を受けた上芝弁護士の「名誉毀損で不法行為にあたる」との抗議を受けてのことだという。しかし改めて小室さんの文書を読み返してみても、小室さんの母親の佳代さんが元婚約者から金銭的支援を受けたこと、婚約解消後に返済が求められる手紙が来たことなどが書かれており、「多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました」と結論づけられている。

 これを「借金問題については解決済みであるということを文書で発表」したと報道するのは事実を伝えているだけで、なんら過ちではない。なぜ謝罪したかについて、そうしなければ小室さんが会見するような場合、取材させないという話が上芝弁護士からあったと、匿名のテレビ局幹部の言葉が文春誌上では紹介されている。

 なぜ小室さんは、このような抗議を行ったのだろうか。皇室ジャーナリストは語る。

「昨年の7月に、元婚約者、彼の代理人、上芝弁護士の3者が会談を行いましたね。顔合わせ程度で中身のある話ではなかったようですけど、ワンステップ進んだわけです。その後、動きは伝わってきませんけど、実質的な交渉になれば水面下に入ってしまうので、これは当然でしょう。小室さんがこういう抗議をメディアに対して行うのは、借金問題について解決する方向で動いているからかもしれません」