NEW
連載
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

ジントニックが感染症の特効薬?年間2億5千万人感染、80万人死亡する恐怖の病

文=篠崎靖男/指揮者
【完了・22日掲載希望】ジントニックが感染症の特効薬?年間2億5千万人感染、80万人死亡する恐怖の病の画像1
「Getty Images」より

 僕は今、南アフリカで仕事をしているのですが、こちらでも新コロナウイルス感染症が大きな話題になっています。クラシックコンサート会場も多くの方々が集まる閉鎖空間なので、日本ではキャンセルを余儀なくされているケースも出始め、ポップス音楽も含めた音楽産業への影響も大きくなってきています。

 WHO(世界保健機関)を中心とした研究開発チームが、新型コロナウイルスの治療法として抗エイズウイルス(HIV)薬などを組み合わせた2種類の臨床試験を行っており、その暫定結果が3週間以内に判明すると発表しました。治療薬の開発が待たれますが、すぐ手に入る既存の薬が特効薬として使用できれば、これほど良いことはありません。いずれにしても、早く終結してほしいと願っています。

 感染症に対する特効薬と聞いて頭に思い浮かべるのは、ジントニックというカクテルです。蒸留酒のジンと清涼飲料水のトニック・ウォーターを混ぜただけのもので、僕も夏の暑い盛りなどに、よく自分でつくって飲みます。今、はやりのウイスキー・ハイボールのように、誰でも簡単につくることができ、そこにレモンを入れても最高です。

 これは、イギリスならではのカクテルです。11世紀にイタリアの修道士によってつくられたジンが大量に飲み始められたのは、18世紀のイギリス・ロンドンで、産業革命の頃です。職を求めて集まってきた大量の労働者により形成されていたスラム街で飲み始められました。労働組合もなかった時代で、劣悪な環境で働きに働かされた労働者の楽しみといえば、仕事帰りの一杯ぐらい。しかし、重労働で得られる給料はとても低いためビールすら買うお金はなく、安くてすぐに酔うことができるジンを飲みにパブに繰り出しました。

 そんな背景もあり、ジンは低所得労働者の酒で、“不道徳な酒”というイメージがついて、貴族や良家の紳士は決して口にすることはありませんでした。花婿がジンを飲んでいると聞いた花嫁の両親が、婚約を解消することもあったといわれています。今でも、ロンドンのそのあたりには古いパブ風居酒屋が多くあり、むしろ歴史を感じる観光地としてにぎわっています。

 そんなジントニックですが、同じ銘柄を揃えても、日本で飲むのと英国で飲むのとでは味わいが違うことを不思議に思っていました。実は、海外のトニック・ウォーターには「キニーネ」という薬品が入っており、それが独特の苦みを出しています。日本では、キニーネ自体は食品に添加できないのですが、キニーネを主成分とする「キナ抽出物」としてなら添加できます。しかし、残念ながらコスト上の問題で、キニーネではなく、別の物で代用されているものがほとんどなのです。

「やすお、トニック・ウォーターの瓶に、キニーネが入っていると印刷されているだろう。このキニーネはマラリアの治療に効果があるとされていて、イギリス植民地時代のインドでは、労働者はマラリアを恐れてトニック・ウォーターをどんどん飲んでいたんだよ」

 こう教えてくれたのは、友人のケンブリッジ大学出のイギリス人医学博士です。実際に、キニーネの入ったトニック・ウォーターは、熱帯地方の英国植民地でマラリア原虫に毒性を示す特効薬として飲まれており、ベトナム戦争当時のアメリカ軍の野戦病院でも、キニーネはマラリアの薬として使われていたのです。

 マラリアは、マラリア原虫をもった蚊に刺されることで感染する病気です。日本では、1960年代に根絶されたとなっていますが、今でも1年間に世界中で2億5000万人が感染し、80万人以上が死亡している怖い病気です。1週間から、時には1カ月近くの潜伏期間を経て、高熱に襲われます。

関連記事