ワークマン「防寒ブルゾン」、2千円台で驚異的に優れた機能…“手ぶら外出”実現に感動の画像1
ワークマン「GNT1001 ダブルフラップ防寒ブルゾン」(「ワークマン HP」より)

 現場作業員などに向けた作業着を中心にシェアを広げ、業界最大手にまで成長を遂げた作業着チェーン「ワークマン」。近年では、タウンユースにも使えるおしゃれなアウトドアウェアのジャンルにも進出し始め、これがアウトドアユーザーを中心に大ヒットしている。2018年には、こうしたカジュアルジャンルを中心に取り扱った新業態店「WORKMAN Plus」の第1号店もオープンし、話題を呼んだ。

 だが、その一方で、ワークマンは元来の作業着を進化させることも怠っていない。なかでも2017年に登場した「GNT1001 ダブルフラップ防寒ブルゾン」(税込2900円。以下、ブルゾン)は、豊富な機能と驚きの低コストを誇り、発売当時は5万着が約1カ月で完売したという。

ネットユーザーからも大好評

 もちろん、3年経った今でも大人気のこの商品。ネットユーザーからはどのような口コミが寄せられているのか、その一部を紹介しよう。

「ワークマンの防寒ブルゾン(GNT1001)、めちゃ暖かいうえに収納力がすごくて一発で気に入ってしまった」

「作業服はマジで楽なんだよなぁ…部屋着にしたいレベル」

「ワークマンの作業服が暖かくて収納もいっぱいあって快適すぎて、とうとうカバンをもたず手ぶらで出勤するようになってしまった」

「ワークマン 体も財布も 暖める」

「ワークマンの『ダブルフラップ防寒ブルゾン』、凄いなぁ こんな風の強い日でも安心」

 このように、絶賛の声が後を絶たないのだ。

 そこで今回は、パリへの留学やファッション企画コンサルティング会社、ファッション系のITベンチャー企業を経て、現在はファッションアナリストとして活躍している山田耕史氏に実際に着用してもらい、そのリアルな所感と、人気の秘密を聞いた。

丸々洗濯機で洗えて水切れもよし……多彩な機能に感嘆

 まず、最大の特徴は、洗濯機で丸洗いできる点だと山田氏は語る。

「ワークマンに限らず、多くのアウトドアブランドでも、洗濯機での丸洗い自体には対応している防寒ウェアはあります。ですがワークマンのブルゾンは、洗ったあとがとても楽でした。なぜなら、水が溜まりがちな腰回りがメッシュ生地になっており、水切れがいいからです。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ