NEW

キリン、“脱ビール”鮮明、海外M&A巨額損失で…投資ファンドが健康事業撤退要求

文=編集部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キリン 一番搾り(「Amazon」サイトより)

 キリンホールディングス(HD)社内は3月27日に開催する定時株主総会を前にして、緊迫の度が高まっている。

 磯崎功典社長は3月3日、医薬・健康事業を売却してビール事業に集中するよう求めている英投資運用会社フランチャイズ・パートナーズ(FP)の株主提案を拒否する考えを改めて示した。人口減やアルコールに対する規制強化の動きを踏まえ、収益源を多角化する必要があるとして、「健康食品などヘルスサイエンス事業に注力する」と強調した。

 FPはキリンHDの長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」の「医と食をつなぐ」戦略について経営陣に説明を求めた。各種報道によれば、取締役会を独立取締役が過半数を占める構成にするというFPの提案をキリンは受け入れた一方、キリングループ・ビジョンの見直し要求は退けた。

 FPは「健康事業を売却して6000億円を自社株買いに使うこと」や「独自の社外取締役候補の擁立」を株主提案しているが、今年2月には社外取締役2人の受け入れなどを求める書簡を送り、健康事業の拡大を目指す多角化戦略について、「新たな取締役会での再検討」を求めた。キリンHDが要求を受け入れれば、自社株買いなどの株主提案を撤回するとした。

 キリンHDは2月14日、FPの株主提案に反対すると表明。「社外取締役を新たに4人選任し、取締役の過半数を社外出身者とする方針」を発表した。FPが提案する2人の社外取締役候補は会社側の発表には含まれていない。FPは要求を却下されたため、社外取締役の役割に的を絞って、攻勢を仕掛けた。3月27日の株主総会でFPへの賛成票が一定程度集まれば、キリンの多角化戦略に影響を与える可能性がある。

ブラジルキリンの失敗で脱ビールに舵を切る

 キリンの大変身は海外でのM&A(合併・買収)の失敗に始まる。

 2011年11月、ブラジル2位のビール会社スキンカリオール(現ブラジルキリン)を3000億円で買収した。キリンが数多く手がけてきたM&Aのなかでも、「高値づかみの典型的な失敗例」(海外のM&Aに詳しいアナリスト)となった。

 キリンHDの2代目社長の三宅占二氏がスキンカリオールを手に入れるという決断をした。海外M&Aの失敗の責任を取り、三宅氏は15年3月末の株主総会で社長を退任した。後任社長に傘下の事業会社キリンビールの社長だった磯崎氏が就任した。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事