コロナ感染・阪神藤波の対応に称賛、病院で誤った診断→自ら疑い別の病院で受診し判明の画像1
藤波晋太郎投手(阪神タイガースの公式サイトより)

 阪神タイガース藤波晋太郎投手(25)が新型コロナウイルスに感染した。プロ野球選手で初、のみならず日本の著名スポーツ選手としても第1号となり、4月24日の開幕を目指していたセ・パ両リーグに衝撃が走った。そんななか、感染した藤波の対応には称賛の声が上がっている。

 阪神球団によると、藤波は3月24日にコーヒーやワインの匂いが全然わからないことに気づき耳鼻咽喉科に行ったが「季節性のアレルギー」と診断された。発熱や咳などはなかったが嗅覚異常の症状が一向に改善しないためチームドクターと相談して別の耳鼻咽喉科を受診した。そこで「新型コロナウイルスの感染の可能性がある」と指摘された。保健所への連絡でPCR検査を受けると陽性と判明した。

 球団側が藤波に電話で経緯を聴取すると、3月14日に藤波と食事を共にした長坂拳也捕手(25)と伊藤隼太外野手(30)の2人にも「みそ汁の味がしない」などと、味覚障害が起きていることが判明した。2人も咳や発熱はなかった。藤波について当初、球団は「風邪の症状もないし、陰性でしょう」と期待していた。それが暗転した。

 感染発覚でまず、西宮市の鳴尾浜球場(二軍球場)で予定されていたソフトバンクとの練習試合は中止となった。甲子園球場では27日昼頃から白い防護服姿の人たちが球団事務所も含めて消毒を行った。さらに選手や矢野燿大監督をはじめ、コーチ、球団職員には1週間の自宅待機を命じ、球団事務所も閉鎖された。

 藤波ら感染した3選手は他のチ―ムメイト4人と共に、飲食店ではなく球団と無関係の人の自宅で飲食していた。会食者は合計12人だった。3選手は現在、入院中だが大事に至る心配はないという。

 27日午後1時からマスク姿で緊急会見した揚塩健治球団社長は「プロ野球で初めて感染者が出たことを深く重く受け止めている」「3名と複数出たこともを重く受け止めている」などと詫びたうえ、「今から考えると外出禁止というかたちで臨んでいたらよかった」と話した。

藤波、日頃の健康管理と熱心な情報収集の賜物

 日本プロ野球機構(NPB)はJリーグと共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を立ち上げ、選手らが37度5分以上の熱が続いた時はチームドクターに報告することなどを決めてきた。しかし、咳や発熱もなく、「臭いがしない」というだけの項目は3月12日に発表された「意見書」にはなかった。

 匂いを感じないくらいなら鈍い人ならしばらく気づかないし、「一時的だろう」とさして気にしない人もいよう。それでもすぐに医者に行った藤波。揚塩社長によると藤波は「匂いを感じないことも新型コロナウイルスの症状にあることを知ってもらいたい」と実名公表することを球団側に強く訴えたという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ