児童書・学習参考書だけじゃない!コロナ騒動で売れている本のジャンルとは?の画像1
「gettyimages」より

 ツイッターのツイートまとめサイト「Togetter」で【『コロナが流行って本屋が儲かる』各地の書店が客足急増らしい「発注が追いつかない」「今年は異様だと聞いた」なぜなのか?】というまとめがつくられている。それは、局地的な現象なのか。

 前編では、出版販促会社として出版社および著者の販促サポートを行う、(株)出版SPプラス代表取締役の山本豊氏に、書店や出版業界の現状について話を聞いた。後編では、コロナ禍において売れている、もしくは苦戦している本のジャンルなどについてうかがう。

コロナ禍で売れている書籍のジャンルとは?

――コロナ騒動の渦中で、どういった書籍が売れているのでしょうか?

山本豊氏(以下、山本) まず、休校の影響による児童書や学習参考書といった子ども向けの書籍ですね。また、漫画のいわゆる「大人買い」も見られるようです。ただ、児童書、学習参考書、漫画はすべて、コロナだから売れたというより、もともと「強い」ジャンルです。

――全国出版協会・出版科学研究所の発表による出版業界(雑誌、書籍)の市場規模は1996年の2兆6000億円から2019年は1兆5432億円と縮小が続いていますが、その中で気を吐いているのが児童書や漫画なんですね。一方、苦戦しているジャンルはありますか?

山本 これもコロナに限らずですが、文芸書は苦戦する傾向が続いていますね。

――生粋の文芸書好きの人もいるでしょうけれど、文芸の場合、ほかのエンタメ、たとえば漫画や動画などに流れていく人もいるでしょうね。動画サービスでは月額1000円程度で見放題のものも多いですから、「1冊の書籍に1400円も出せない」という感覚は年々強まっているのかもしれません。

山本 ある書店員さんのお話ですが、女性向けの書籍は1000円を超えると一気に売れ行きが鈍るそうです。1200円でもダメなんだそうです。

――マーケティングの「4P」(プロダクト、プライス、プロモーション、プレース)の「プライス」で足切りされてしまうケースもあると。「いいものをつくってさえいれば売れる」と思っている人に聞かせたい、ショッキングな話です。

山本 コロナ禍だからこそ伸びているジャンルを挙げるとしたら、「レシピ集」ですね。巣ごもり生活になりますから。そのほかに「パズル雑誌」も好調です。一方で苦戦しているのは、やはり「地図」「観光ガイド」の類です。

――どれも納得のラインナップですね。観光ガイドをパラパラめくって、どこに行こうかなと思いを巡らす時間は贅沢だったのだと、今にして思います。

休業しても書店の負担が減らない理由

――「週刊少年ジャンプ」(集英社)も編集者がコロナに感染し発売延期になりましたが、書籍ではコロナの影響はどう出ていますか?

山本 書籍の流通は出版社→取次(問屋)→書店という流れですが、まず出版社側で4月発売の書籍を5月以降に、という動きは一部で出ているようです。一方、取次は現時点では物流は止めずに書籍の流通は行う方針です。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ