NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

アンジェス、新型コロナの画期的ワクチン開発・治験開始へ…年内20万人投与を目指す

文=藤和彦/経済産業研究所上席研究員
【この記事のキーワード】

, ,

アンジェス、新型コロナの画期的ワクチン開発・治験開始へ…年内20万人投与を目指すの画像1
アンジェス HP」より

 米ジョンズ・ホプキンズ大学が4月27日時点で集計した新型コロナウイルスの感染者数は、累計で300万人を超え、死者数も21万人に達した。WHOのテドロス事務局長は27日、「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な流行)は、終息にはほど遠い」と警鐘を鳴らしたが、欧米ではロックダウン(都市封鎖)を緩和する動きが生じている。

 米国では27日、ジョージア州が先陣を切ってロックダウンの一部緩和に踏み切るなど、共和党の知事が治める州を中心に経済活動再開の動きが活発化してきている。欧州でもドイツやオーストリアに続き、域内で最も多くの死者が出したイタリアが5月4日から全土のロックダウンの解除を開始する計画を発表した。

 WHOの制止を振り切ってまで経済活動再開に踏み切る背景には、新型コロナウイルスの蔓延による深刻な経済への打撃がある。米国では直近5週間で2650万人が失業保険の申請を行ったことから、4月の失業率は16%を超え、大恐慌並みの水準に達する見込みである(4月27日付ロイター)。一足早く経済が回復軌道にあるとされる中国でも、「失業者は2億人、失業率は25%になった」との調査報告がある(4月6日付サウスチャイナ・モーニングポスト)。

 新型コロナウイルスは、社会の分断を引き起こす要因にもなり始めている。米国では、富裕層がニュージーランドに疎開する動きが強まる(4月20日付ブルームバーグ)一方、ホームレス施設で新型コロナウイルス感染が急拡大している(4月22日付ロイター)。ロックダウン解除を求めるデモが各地で広がっている。

 欧州でも、富裕層は地中海の別荘にこもり、貧困層が多い人口密集地では死者が激増し、暴動が頻発する事態となっている(4月27日付AFP)。

 ロックダウン解除の動きは、これ以上の混乱を回避するための各国政府の苦肉の策だが、新型コロナウイルスを完全に制御しない限り、早すぎる活動再開はかえって痛みを大きくしてしまうことになる。

レムデシビル

 安倍晋三首相は27日、「新型コロナウイルス治療薬の候補である『レムデシビル』をまもなく薬事承認できる」との見通しを示したが、私たちが新型コロナウイルスと共存していくためには予防用ワクチンの開発が不可欠であるのはいうまでもない。

 中国政府は14日、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験について、安全性などを確かめる第1段階を終了し、有効性などを確かめる第2段階に進んだことを明らかにした。3段階ある臨床試験のうち第2段階に進むのは世界初とのことだが、世界のワクチン開発は当初の予想(1年から1年半かかる)よりも進捗しており、早ければ年内に完成する可能性が出てきている(4月27日付ブルームバーグ)。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ